破産した3AC共同創業者がシンガポールで逮捕と清算人が発表=報道

3AC共同創設者のSu Zhu氏の発言へ

破綻した暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(ThreeAllowsCapital:3AC)の共同創設者の一人であるスー・チュー(Su Zhu)氏が、シンガポールのチャンギ空港で逮捕されたと、3ACの清算人であるテネオ社(Teneo)が、9月29日に発表しました。

テネオ社の発表によれば、チュー氏は昨年破産を申請した3ACに対する協力捜査命令に従わなかったため、逮捕命令が下されたという。これにより同氏は4カ月間刑務所で過ごすことになるという。

なおチュー氏の共同創設者であるカイル・デイビス(Kyle Davies)氏にも同様の命令が下されているが、「現時点で所在は不明」だという。

またロイターはチュー氏の逮捕について、同氏の代理人である法律事務所とデイビス氏の代理人弁護士にコメントを求めたが、返信はなかったという。

3ACは2022年に倒産した著名な暗号資産企業の1つで、暗号資産市場の急激な下落に見舞われた後、破産を申請した。

2022年11月のインタビューで、デイビス氏は、同氏とチュー氏が清算手続きに協力していないというテネオ社の主張に反論している。

デイビス氏はCNBCに対して、「私たちはずっと協力し続けてきた」と語っている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。 スリーアローズ・キャピタル共同創設者朱氏、シンガポール清算人で逮捕 エリザベス・ハウクロフト著 ロンドンのエリザベス・ハウクロフト

ワシントンのハンナ・ラングによる追加報告。編集:Christina Fincher、Rami Ayyub
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
画像:iStock/BrianAJackson

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している