DMM Bitcoin、現物取引3銘柄とレバレッジ取引6銘柄の取り扱いへ。アルゴランドは国内2例目

DMM Bitcoinが現物取引3銘柄とレバレッジ取引6銘柄の取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinが、現物取引において3銘柄、レバレッジ取引において6銘柄の暗号資産を新たに取り扱いすることを8月30日発表した。

現物取引はアルゴランド(ALGO)、ザ・サンドボックス(SAND)、アクシーインフィニティ(AXS)の3銘柄が追加される。

またレバレッジ取引では上記3銘柄に加え、ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)、コスモス(ATOM)の6銘柄が追加となる。

なおALGOが国内暗号資産取引所に上場するのは、バイナンスジャパンに続き2例目となる。

それぞれの取引においては、日本円(JPY)との取引ペアがサポートされる。取り扱い開始は30日19:00からとのこと。

注意点としては、ALGO、SAND、AXSの入出金には現時点では対応していないとのこと。対応時期については決まり次第アナウンスされるとのことだ。

DMM Bitcoinではこれにより、現物取引23銘柄、そしてレバレッジ取引は国内最多の31銘柄の暗号資産取扱数となるとのこと。

今回の新規取り扱いによりDMM Bitcoinの現物取引は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、エンジンコイン(ENJ)、トロン(TRX)、ジパングコイン(ZPG)、チリーズ(CHZ)、アバランチ(AVAX)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ポリゴン(MATIC)、フレアネットワークス(FLR)、ニッポンアイドルトークン(NIDT)に加え、アルゴランド(ALGO)、ザ・サンドボックス(SAND)、アクシーインフィニティ(AXS)となっている。

またレバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、クアンタム(QTUM)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、シンボル(XYM)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)、ジパングコイン(ZPG)、チリーズ(CHZ)、アバランチ(AVAX)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ポリゴン(MATIC)に加え、アルゴランド(ALGO)、ザ・サンドボックス(SAND)、アクシーインフィニティ(AXS)、ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)コスモス(ATOM)が取り扱われている。

関連ニュース

参考:DMM Bitcoin
images:iStocks/monsitj

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資