Zaif、クレジットカード決済で入金可能に。国内唯一の対応へ

Zaifがクレジットカード決済で入金可能に

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)にて、10月中旬ごろよりアカウントへの入金方法としてクレジットカード決済が可能になることが8月23日発表された。

Zaifでは現状、銀行振込・コンビニ決済・ペイジー決済による入金が可能だが、これにクレジットカード決済が加わることになる。

なおこの対応によりZaifは、日本国内において唯一、アカウントへの入金手段としてクレジットカード決済が利用できる暗号資産取引所となる見込みとのことだ。

なお今回の対応は、Zaif運営元のカイカエクスチェンジが、ライフカードおよびソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービス(SBPS)と提携し、実施するとのこと。

アカウントへの入金にはカイカエクスチェンジとライフカードの新たな提携カード「Zaif カード」が必要となるようだ。10月中旬のZaifとSBPSのオンライン決済サービスの連携を以って、「Zaif カード」によるZaifアカウントへの入金が可能となる予定とのこと。

なお「Zaif カード」は、本日8月23日から申し込みの受付が開始されている。

同クレジットカードは、利用額に応じてビットコイン(BTC)が付与されるとのこと。年会費は初年度無料で次年度より年会費1,650円(税込)になるという。ただし年間10万円以上利用することで、翌年度の年会費は無料になるとのことだ。

今回カイカエクスチェンジとライフカードは「Zaif カード」の発行開始を記念して、新規入会&カード利用キャンペーンを実施するという。キャンペーン期間中の入会で1,000円分のBTCが進呈される他、「Zaif カード」をショッピングで利用をしたユーザーの中から抽選で最大6,000円分のBTCが進呈されるとのことだ。

なおカイカエクスチェンジおよびSBPSは今年5月、スマートコントラクト決済「Slash Web3 Payments」の開発および提供を行うSlash Fintech Limited(スラッシュフィンテックリミテッド)と業務提携をしている。

同3社はスマートコントラクト決済の普及促進を目的に業務提携を実施。これにより3社は日本市場におけるスマートコントラクト決済に関する企画、開発、運用の検討を共同で行うとのこと。また今後は日本国内でスマートコントラクト決済に関するさまざまな取り組みを連携して進めるとしている。

関連ニュース

参考:Zaif
デザイン:一本寿和
images:iStocks/master1305

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored