国際送金のフィンテック英Checkout. com、バイナンスとの提携終了へ=報道

規制当局やパートナーからの報告受け

英国拠点の国際送金フィンテック企業であるチェックアウトドットコム(Checkout.com)が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)との提携を解除するようだ。経済紙フォーブス(Forbes)が8月18日報じた。

その報道内容は、チェックアウトドットコムがバイナンスに8月9日と11日に送った2通の書簡を引用したものだ。書簡の中でチェックアウトドットコムのCEOであるギョーム・プザ(Guillaume Pousaz)氏は、規制当局からの行動や命令についての報告およびパートナーからの問いあわせを理由に、バイナンスとの契約を解除したとの記載があるとのこと。

また11日に送られた書簡ではバイナンスのマネーロンダリング防止、制裁、コンプライアンス管理に関する追加的な懸念が挙げられており、8月17日に契約解除が発効すると述べられているとのことだ。

またチェックアウトドットコムの広報担当者はフォーブスの取材に対し、バイナンスとの契約終了を認めたという。

一方でバイナンスは、この契約解除に対して同意できず、法的措置を検討しているという。

またバイナンスはフォーブスに対し、規制当局及びパートナーとの信頼関係をより強固なものにしたいと語り、チェックアウトドットコムの提携解除がバイナンスのサービスに影響を与えることはないと強調したとのことだ。

なおチェックアウトドットコムは、2021年には単月で約20億ドルにもおよぶバイナンスの取引を処理したこともあったとのことだ。

バイナンスは8月、同社提供の決済サービス「バイナンスコネクト(Binance Connect)」が終了することが各社により報じられたばかりだ。 「バイナンスコネクト」は元々、「バイフィニティ(Bifinity)」として昨年3月にバイナンスが提供開始した決済サービスだ。このサービスは企業に対し、VISAやMastercardなどの主要な法定通貨の支払い方法を提供する他、50銘柄を超える暗号資産についてもサポートを行っていた。

バイフィニティにおいてバイナンスは、決済企業のペイセーフ(Paysafe)とチェックアウトドットコムと提携し、グローバル展開を目指すことが発表されていた。

関連ニュース

参考:フォーブス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論