シンガポール赤十字社、BTCやETHなど暗号資産の寄付金を受け入れ開始

シンガポール赤十字社が暗号資産の寄付金を受け入れ

シンガポール赤十字社が、寄付金の受け入れにビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)、USDコイン(USDC)の4つの暗号資産(仮想通貨)の対応開始を8月7日発表した。

シンガポール赤十字社による寄付金の暗号資産受け入れは、暗号資産決済会社トリプルA(Triple-A)を介して行われるとのこと。

トリプルAを介した寄付金の支払いについては、寄付したい金額(法定通貨)を事前に設定すると、同社のシステムにより支払いたい暗号資産の価格へ自動換算が行われ、固定された為替レートでユーザーは寄付金を支払えるとのことだ。

またシンガポール赤十字社は、寄付された資金を孤立した高齢者や障害者、恵まれない子供、若者、家族を支援する人道支援活動に充てると説明している。なおトリプルAは、シンガポール金融管理局(MAS)より暗号資産決済ライセンスを取得したアジアを代表する初の暗号資産決済企業だ。

関連ニュース

参考:シンガポール赤十字社
images:iStocks/antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み