米下院委、ステーブルコイン規制法案合意に至らず。議長が発言

合意に至らず

米下院金融サービス委員会の共和党と民主党のトップは7月27日、ステーブルコインの連邦規制枠組みを確立する法案について、合意に至らなかったと述べた。

この法案は、州の規制当局の権限を維持しつつ、米国連邦準備制度理事会(FRB)にステーブルコインの発行要件を書かせるというもので、以前はステーブルコインの発行者が州の体制で規制されることを選ぶことで、より厳しい監督を逃れることができるという一部の民主党議員の懸念に対処するために修正されていた。

しかし、下院金融サービス委員会のパトリック・マクヘンリー(Patrick McHenry)委員長は27日に公聴会の冒頭にて、同委員会の民主党トップのマキシン・ウォーターズ(Maxine Waters)下院議員とは合意に達していないと述べた。

マクヘンリ―委員長は「48時間前には結論が出るだろうと期待していたが、ホワイトハウスがわれわれの主張を再検討し、合意しなかった」と述べている。

この膠着状態は、委員会が暗号資産(仮想通貨)に対する規制の枠組みを構築し、トークンが証券なのか商品なのかを明確にすることを目的とした超党派の法案を提出した翌日に起こった。

この法案は下院農業委員会でも審議される予定だ。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
US congressional committee fails to reach deal on stablecoin bill, chair says By Hannah Lang
Reporting by Hannah Lang in Washington; Editing by Bill Berkrot
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored