バイナンス、独での暗号資産ライセンス申請取り下げ

バイナンスがドイツでのライセンス申請を取り下げ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が、ドイツでの暗号資産ライセンス申請を取り下げた。

申請取り下げについては、7月26日にコインデスクが広報担当者からの話として第一報を出している。

この動きは、世界最大の暗号資産取引所が、業界に対する厳しい規制姿勢の中で当面の拡大計画を再考していることを示唆している。

ロイターは先月、独金融規制当局であるドイツ連邦金融監督庁(BaFin)がバイナンスに対し、暗号資産カストディライセンスを付与しないと報じていた。

「バイナンスはBaFinの申請を自主的に取り下げたことを認める。世界市場と規制の両方の状況が大きく変化した」とバイナンスの広報担当者は7月26日述べている。

広報担当者はまた、「バイナンスは依然としてドイツで適切なライセンスを申請する意向だが、提出書類にはこうした変化を正確に反映させることが不可欠だ」と付け加えた。

バイナンスCEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏は先月、バイナンスの「web of deception:欺瞞の網」の運営を非難する米証券取引委員会(SEC)からの提訴を受け、圧力を受けている。

バイナンスはSECの告発を否定している。

しかしバイナンスは他の国でも苦しい戦いに直面している。

オランダでは暗号資産サービスプロバイダーとして運営するための登録要件を満たしていないとして撤退せざるを得なくなり、フランスでは調査を受けているところだ。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Binance withdraws application for crypto license in Germany
Reporting by Niket Nishant in Bengaluru and Elizabeth Howcroft in London; Editing by KRishna Chandra Eluri
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored