コインチェックにポリゴン(MATIC)上場へ、ネイティブトークンで

コインチェックがMATIC取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)が、暗号資産ポリゴン(MATIC)の取り扱い予定を7月24日発表した。取り扱いは8月中を予定しているとのこと。

発表によるとコインチェックが取り扱うMATICは、ERC20規格のトークンではなくネイティブトークンになるという。

予定通りコインチェックにMATICが上場すれば、国内交換業者としての取り扱いは9社目となる。なおその中で現在MATICのネイティブトークンを取り扱っているのは、SBI VCトレード、ビットポイント、ザイフ(Zaif)だ(ERC20取り扱い:ビットバンク、ビットフライヤー、DMM Bitcoin、オーケーコインジャパン、コイントレード)。

コインチェックでのMATIC取り扱いサービスは、Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却および「Coincheck貸暗号資産サービス」、「Coincheckつみたて」となる。また同取引所が提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」において決済通貨としてMATICが追加される予定とのこと。

その他取り扱い開始の詳細日時などは、コインチェックのTwitterアカウントなどから改めてアナウンスされるとのことだ。

コインチェックはMATIC上場により、合計23銘柄の暗号資産を取り扱うことになる予定。

現在同取引所では、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)※2020年9月15日より取り扱い一時停止中、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、パレットトークン(PLT)、ザ・サンドボックス(SAND)、ポルカドット(DOT)、フィナンシェトークン(FNCT)、チリーズ(CHZ)、チェーンリンク(LINK)、ダイ(DAI)、メイカー(MKR)が上場している。

なおシンボル(XYM)およびフレア(FLR)は付与を実施したのみである。またオーエムジー(OMG)は7月25日をもって上場廃止となっている。

関連ニュース

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している