LINE NFTが新たにセールスパートナー契約、電通・GMO NIKKO・Minto・1SECと

LINE NFTが新たに4社と契約

LINE Xenesis(ラインジェネシス:旧LVC)が、同社提供の国内向けNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」のセールスパートナーとして、新たに4社との契約締結を行ったことを5月16日発表した。

「LINE NFT」では、2022年よりセールスパートナー制度を導入。初のセールスパートナーにはソフトバンク、デジタル販促ソリューション提供のSP EXPERT’S、マーケティング及び販促ソリューションサービス提供のCDGら3社と連携し「LINE NFT」を通したNFTの普及に取り組んできたという。

今回新たにセールスパートナーとなったのは、大手広告代理店の電通、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の正規代理店であるGMO NIKKO、プロダクト開発事業のMinto、NFTスニーカーや「1BLOCK」を展開する1SECの4社だ。

今後「LINE NFT」は、さらなるNFTの普及に向けて、NFTの展開のみならずパートナーと連携した様々な取り組みを進めていく予定だという。また、パートナー拡大も進めていくとのことだ。

LINE NFTは昨年4月13日より提供開始されたサービスだ。「LINE NFT」で購入したNFTは「LINE BITMAX Wallet」で保管でき、NFTをLINEの友だちと交換することや送り合うことができる。また昨年11月には、NFT保有ユーザーだけが視聴可能な「ホルダー限定コンテンツ」を提供することも発表。「ホルダー限定コンテンツ」は、NFTを保有しているユーザーのみが音楽や動画などのデジタルコンテンツを楽しめるサービス。ユーザーは「LINE NFT」上ではデジタルコンテンツのプレビューのみが閲覧できるようになっており、NFT保有後にコンテンツ本編が視聴可能になる仕組みとなっている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した