「遊んで稼ぐ」DEA「PlayMining」、企業向け広告新機能「Answer to Earn」追加へ

PlayMining経済圏の安定化とDEAPcoinの価値向上へ向け

「遊んで稼ぐ(Play to Earn:P2E)」型のゲームプラットフォーム「PlayMining」の新たなコンテンツ「Answer to Earn」の企画開発が進んでいることが5月15日発表された。

「PlayMining(プレイマイニング)」は、シンガポール拠点の「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)」が手がけるゲームプラットフォームだ。一定のプレイに沿って暗号資産「DEAPcoin(DEP)」と交換可能なポイントが入手でき、それで得た「DEAPcoin」は、国内暗号資産取引所のビットポイント、オーケーコインジャパン、ビットトレードで取引ができる。そのため「DEP」獲得により日本円を得ることもできる。

発表によると現在企画開発が進んでいる「Answer to Earn」は、「ユーザーが企業から提供されたお題に答えて暗号資産やNFTが獲得できる」という広告サービスとのことだ。

ユーザーはクイズ感覚で問題に答えることで、楽しみながら暗号資産やNFTを獲得するチャンスが得られるという。一方で、企業は暗号資産やNFTを報酬とした「X to Earn」の仕組みを活用することで、効果的にプロモーションやユーザー調査が可能となるとのこと。

また「Answer to Earn」では、インターネット広告の「わずらわしさ」を解消し、ユーザーフレンドリーな広告体験を目指すという。

DEAによると、「PlayMining」に「Answer to Earn」が追加されることで、企業による広告・プロモーション費の流入が期待できるとし、「PlayMining」経済圏への資金流入を拡大することで、経済圏全体の安定化・「DEP」の価値向上を図るとのことだ。

「Answer to Earn」は現在、企画・開発が進行しており、2023年秋を目途に実証実験(Proof of Concept(PoC))を予定しているという。その結果を踏まえた修正・ブラッシュアップを経て2023年度中のリリースを目指すとのことだ。

また「Answer to Earn」のサービスは、PlayMiningのユーザーのみならず、顧客基盤を有する外部パートナー企業と連携することで、幅広いユーザーが利用できる形での展開を目指すという。

そのパートナー第一弾として、「らくらく連絡網」運営のイオレが実証実験に参加するとのことだ。

なお「Answer to Earn」の利用は、同サービスに登録・ログインし、お題を選択・回答することで報酬チケットを獲得でき、獲得したチケットを使って様々な抽選に参加できる仕組みとなっている。なおこの他にも現在、実証実験への参加企業を募集している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ