SKILLとエン・ジャパンと日本MSがHR分野コンソーシアム型ブロックチェーンチェーン構築で連携、マネックスグループが「Libra協会」へ参加申請などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

SKILL、エン・ジャパン、日本マイクロソフトがHR分野におけるコンソーシアムチェーンの社会実装で連携

・株式会社SKILL、エン・ジャパン、日本マイクロソフトがHR分野におけるブロックチェーンの活用および実用化に向けて、コンソーシアムモデルのブロックチェーンの構築や共同検証をはじめとする連携を開始したことが、明らかになった

・このブロックチェーンでは、HR分野で取り扱われる情報領域にフォーカスし、職歴情報や学歴情報など人材に関する様々なデータの証明情報を記録し、ユーザーによるデータの所有権とその内容について自分自身で証明情報を確認を可能にする

・ノードの運営は、SKILLとエン・ジャパンが分散して行い、コンソーシアムチェーンの構成や研究は日本マイクロソフトとSKILLが行う

・今後の計画としては、SKILLから職歴情報の証明に関するサービスをリリース予定。そして、エン・ジャパンは人材の採用、教育、評価事業とブロックチェーンを連携させることで、さらなる「入社後活躍」の実現に寄与できる事業の検討を進めていくとのこと

クリプタクトが東京大学と医療画像流通システムの構築について連携

・株式会社クリプタクトが、国立大学法人東京大学の東京大学医学部附属病院脳神経外科 金 太一助教らによる「ICT活用による医療画像データ流通システムの構築」に関するプロジェクトに参画することを発表

・同プロジェクトは、個人のセキュリティを担保しながら画像データの情報管理を行い、医療AI企業に画像データ提供を行う仕組みを構築。ブロックチェーンの活用も視野に入れ、医療画像データの流通市場創成に向けた検証するとのこと

・クリプタクトはこれまでの金融市場で培ったシステム開発とブロックチェーンを転用し、医療データを提供するためのシステム・ネットワーク面の開発を推進していくとのこと

マネックスグループが「Libra協会」へ申請していることが明らかに

・マネックスグループの松本大社長は26日の決算会見で、Facebookによる仮想通貨「Libra」を管理する「Libra Association」へ参加する意思があり、申請を出していることを明らかにした

・リブラ協会への申請に対する一次審査は8月中に行われ、マネックスは9月にはLibra協会に加盟するか否かの最終判断を行う予定だ

米国IRSが仮想通貨税金未払い者1万人に支払い勧告レター送付

・アメリカ合衆国内国歳入庁(Internal Revenue Service、略称:IRS)が昨年の仮想通貨取引による税金未払い者に対して、税金の修正申告を勧告する手紙を送付し始めたことが7月26日IRSの公式サイトで発表された

・「納税者は納税申告書を見直し、必要であれば修正申告すべきだ。納税者はこの手紙を真摯に受け止めるべきだ」とIRSコミッショナーのChuck Rettig氏のコメントしている

・この手紙は7月下旬から送付され、8月末までに、1万人以上の納税者に届く予定だとのこと

中国オランコがブロックチェーンを活用した高級アルコール飲料の識別と偽造防止の技術を開発

・中国の高級アルコール飲料の卸売業者であるOrancoが、ブロックチェーンを活用した高級アルコール飲料の識別と偽造防止する技術を開発したことを発表

・Orancoは昨年8月にブロックチェーン開発企業である、Guangzhou Silicon Technology Co.Ltd.(GSTC)と契約をしており、同技術の開発を進めていた

・Orancoの社長であるPeng Yang氏は「ブロックチェーンの検証機能により、プレミアムアルコール飲料の由来と信頼性を確実に保証することが可能になると考えています。この技術は真正性を保証し、さらに当社の高級製品の価値を高めます。(一部略)」とコメントをしている

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施