バイナンスにDeFiの「Gains Network(GNS)」上場

バイナンスにGNS上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産「ゲインズネットワーク:Gains Network(GNS)」の取扱い予定を2月18日発表した。

GNSの取り扱いは、すでに日本時間18日20:30(UTC11:30)よりGNS/BTC、GNS/USDTの取引ペアによって取引開始しており、出金は19日17:00(UTC8:00)より開始している。

GNSの取り扱いは、他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性が高いトークンの取引が提供されている「イノベーションゾーン」での対応となる。

またバイナンスは18日20:30(UTC11:30)から48時間以内にGNSを分離マージンおよびその借入可能資産として追加すると発表しており、こちらもGNS/USDTでサポートが開始されている。

ゲインズネットワーク (GNS)とは

GNSは分散型金融(DeFi)の「ゲインズトレード(Gains Trade)」をポリゴン(Polygon)およびアービトラム(Arbitrum)上で提供しているゲインズネットワークのネイティブトークンである。

ゲインズトレードではユーザーはメタマスクなどのウォレットを接続するだけで150倍までのレバレッジをかけた取引や、ステーキングなどが行えるという。

現在GNSは、MEXCやビットゲット(Bitget)、CoinExなど多くの暗号資産取引所で取り扱われている。またユニスワップV3(Uniswap V3)やクイックスワップ(Quick swap)などの分散型取引所(DEX)でも取引されている。 なお現在のGNSの時価総額は約368億円となっている(2/21 14:30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStock/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored