金融庁「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」入札公告、ゴールドマンサックスがBC人材募集、NTTリサーチが米国にBC等の研究所などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

金融庁が「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」に関する入札公告

・金融庁が「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」という内容の企画競争に関する入札公告を7月9日に行った

・詳細は7月18日に開催される企画競争に関する説明会にて発表される模様(説明会の参加申し込みは7月 17 日(水)16 時まで)

・なおその上で企画競争に参加を希望する場合は、上記説明会で配布される参加要領等に記載された所定の提出物を、8月1日(木)17時までに提出する必要がある

ゴールドマンサックスがデジタルアセットチーム発足のため、人材募集開始

・ゴールドマンサックスのリクルートサイトで「Digital Asset Project Manager」の募集が公開された。リクルートサイトによると銀行のためにデジタル資産の可能性を探求することが採用の目的として挙げられている

・業務内容は「DLTの開発ディレクション、開発マネジメント」が主となっていて、望ましき人に「ブロックチェーンや仮想通貨への熱狂している人」とも挙げられている

・以前、フランスのメディア「lesechos」の報道のなかで、ゴールドマンサックスのCEOは「JPMコインのようなデジタル通貨に興味を示している金融機関は多数ある。そして、テクノロジーの進化により、支払いの流れはスムーズになるので銀行の収益源が減っていくので、銀行は進化せねばならない。進化しなければ消滅する」と発言していた

NTTリサーチが米国にブロックチェーン等の次世代技術の基礎研究に取り組む研究所設立

・NTTの米国研究子会社であるNTTリサーチが7月8日に西部カリフォルニア州パロアルトで、次世代技術の基礎研究に取り組む研究所の設立を発表

・今回設立した研究所、量子コンピューターなどを研究する量子計算科学研究所、仮想通貨(暗号資産)の基盤技術「ブロックチェーン」に着目する暗号情報理論研究所、AIを用いた生命の分析研究を手掛ける生体情報処理研究所とのこと

・なお現地採用の研究者は年収が1億円超に上る可能性もあるという

ブロックチェーン企業「Torus Secures」がCoinbaseやBinanceなどから200万ドルの資金調達

・公開鍵/秘密鍵のセキュリティシステムを開発しているスタートアップ「Torus Secures」が200万ドルの資金調達を「Multicoin Capitale. Coinbase Ventures, Sixth Horizon, Accomplice , Terminal,Binance Labs」から行なったことが、同社のブログにより明らかになった

・CoinDesk報道によると、Multicoin CapitaleはTorusがWeb3.0時代を迎える上で最も解決しなければならない問題である「公開鍵/秘密鍵の管理方法」を解決するスタートアップだと考えているようだ

・Torusが開発している公開鍵 /秘密鍵の管理システムは、シャーティング技術を活用して、ユーザーの公開鍵/秘密鍵を分散し、複数のコンピューターサーバーに管理してもらい、処理する流れとなっている。分散された鍵は管理は莫大な数のノードによって行われる仕様

・TorusCEOのYong氏は「Web3やブロックチェーンアプリケーションをユーザーが利用する際に、公開鍵/秘密鍵など多くの難しい概念を理解しなければなりませんでした。だから私たちは、単純で安全でシームレスなソリューションを残すことができるように、ユーザーのために利用ハードルが高いものをすべてを抽象化してサービスに落とし込んで開発しています」と語った

イラン中央銀行担当者が仮想通貨取引を違法であると警告

・イラン中央銀行の新技術担当副総裁Nasser Hakimi氏がビットコインなどの仮想通貨取引は違法であると、地元メディアによるインタビューを通じて国民に警告をした

・Nasser Hakimi氏は誇大広告を行うような詐欺的な広告やマーケティング業者に対して国民へ警告

・また同氏はイランのアンチマネーロンダリング(AML)最高評議会がビットコインの売買を禁止しており、売買とマイニングは区別するべきだとコメントをし、法的リスクと投資リスクを警告した

・イランではアメリカの経済制裁によりイランの法定通貨であるリヤルの価値が下落する中で、国民のビットコイン需要が高い状態であり、またマイニング業者における電力問題もおこっている

ビットメイン元CEOであるジハン・ウー氏が、シンガポールで仮想通貨スタートアップ設立との報道

・マイニング企業ビットメインの元CEO、ジハン・ウー氏がシンガポール拠点「マトリックスポート」を立ち上げたとブルーンバーグが報道した

・報道によるとこの会社ではではOTC取引や、貸付、カストディを提供するようだ

・なおこの会社にはジハン氏に加えいくつかのVCやビットメイン自身も出資しているとのこと。なおマトリックスポートのCEOは「私たちはビットメインの競合というよりはパートナー的な存在になる」と語っているという

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。