ビットポイントジャパン、SBIホールディングスの100%連結子会社に

ビットポイントジャパンがSBIの100%子会社に

国内暗号資産交換業者のビットポイントジャパン(BPJ)が、SBIホールディングス(SBI HD)の100%連結子会社となったことが2月14日発表された。なおSBI HDは暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードを傘下に持っている。

SBI HDは昨年5月、連結子会社のSBIファイナンシャルサービシーズを通じてBPJの発行済株式総数のうち51%を取得し、BPJを連結子会社化していた。

今回SBI HDは、連結子会社のSBIクリプトアセットホールディングス(SBICAH)を通じて、BPJの残りの株式49%を取得したという。これによりBPJを100%連結子会社化したとのこと。

なお正式な株式譲渡予定日は3月31日となっている。

SBI HDの発表によると今回の株式買収は、SBIグループの顧客基盤を活用したクロスマーケティングによるBPJの口座数増加の他、BPJがSBI HD連結子会社のマーケットメイカーB2C2からの流動性供給を受けることで顧客に狭いスプレッドの提供が可能となること、そしてSBI HD資本業務提携先のgumiグループ各社が開発するゲーム内で使用されるトークンなどの上場実施といった施策を加速させるためであるとのことだ。

なおBPJの持株会社ビットポイント・ホールディングスの親会社であるリミックスポイントは、昨年の5月に株式の5%をSBI HDへ売却しているが、今回はリミックスポイントの株式については変動はない。

リミックスポイント代表取締役社長CEOでBPJの代表取締役副会長でもある小田玄紀氏のnoteによると、今回のBPJによる株式売却の評価額は100億円弱とのこと(前回は127.5億円)。また小田氏が引き続きリミックスポイントおよびBPJの代表取締役になるとのことだ。

また小田氏によると昨年契約した際のアーンアウト条項は継続しており、BPJの収益が一定額を超えた分についてはリミックスポイントにも収益還元される設計になっているため、リミックスポイントとして今回の株式譲渡でBPJの収益がこれから一切入ってこなくなるという訳ではないとのことだ。

なおアーンアウト条項とは、M&A取引の実行後の一定期間において、買収対象とされた事業が特定の目標を達成した場合、買手企業が売手企業に対して予め合意した算定方法に基づいて買収対価の一部を支払うこととする規定のこと。

関連ニュース

参考:SBI小田氏note
デザイン:一本寿和

images:iStock/alphaspirit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored