国内上場企業初、イオレがNFTゲームギルド運営事業を開始。DEAと業務提携で

イオレがNFTゲームギルド運営事業を開始

東証マザーズ上場のイオレが、上場企業として日本初となるNFTゲームのギルド運営事業の開始を1月11日発表した。これにより同社はweb3事業へ参入したとのこと。

同事業開始にあたりイオレは、シンガポールを拠点にグローバルでGameFiプラットフォーム「PlayMining(プレイマイニング)」を展開するDigital Entertainment Asset(DEA)と業務提携をしたとのこと。なおDEAの創業者兼CEOの吉田直人氏はイオレの取締役会長でもある。

今回イオレが開始する事業は、DEAの運営するオンラインゲーム内においてギルドを運営し、NFTなどのゲームアイテム保有者が自身でゲームをプレイするよりも効率良く報酬を獲得した上で、獲得した報酬の分配を受けるものと説明されている。

この取り組みとしてまずは、全世界で約260万人のユーザーがプレイしている人気トレーディングカードバトルゲームの「JobTribes(ジョブトライブス)」内においてギルド運営を開始するとのことだ。

イオレは今回のweb3事業に参入した理由について「web3を国家戦略に掲げる政府の方針が昨年に出されたことから今後も飛躍的に成長していく領域であることが予想されるとし、市場の流れを鑑みて決定した」と述べている。

またDEAの創業者兼CEOの吉田直人氏は「Play to Earnをグローバルに浸透させることをミッションとする弊社DEAにとって、NFTゲームギルド事業は、貧困問題の緩和や障害者支援など社会貢献活動やESGに関する取り組みとして大変重要視しております。これから、イオレと一緒にWeb3エンターテインメント事業で世界No.1を目指していきたいと思います。(一部略)」とコメントしている。

なお「PlayMining」では、プレイするとゲーム内通貨「PALEcoin(ペールコイン)」が手に入る。このコインはDEAが発行する暗号資産(仮想通貨)「ディープコイン:DEAPcoin(DEP)」に変換ができる。「ディープコイン」は国内暗号資産取引所で日本円に交換することも可能となっている。

ちなみに現在「ディープコイン」はビットポイントジャパン、オーケーコインジャパン、フォビジャパンに上場している。

また海外においても、フォビグローバル(Huobi Global)やゲート(Gate.io)、ビットトレックス(Bittrex)、オーケーエックス(OKX)、エムイーエックスシー(MEXC)などの取引所でも「ディープコイン」は取り扱われている。

関連ニュース

JobTribesのDEA、米LDA Capitalから約13.5億円の資金調達

DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ

楽天、ディープコイン(DEP)のDEAとweb3領域における協業推進へ

テレビ東京がDEAに約3億円出資、放送外事業拡充で業務提携

遊んで稼げるだけじゃない、世界の誰かを助けられる「web3ゲーム」の可能性(DEA 山田耕三 / 前編)

参考:イオレ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored