Gate US、米国複数の州で暗号資産取引所ライセンス取得

Gate US、米国複数州で暗号資産取引所ライセンス取得

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のゲートアイオー(Gate.io)グループ企業の「ゲートUS(Gate US)」が、米国の複数の州で暗号資産取引所運営に関するライセンスを取得したと12月19日発表した。

ゲートUSは、今年3月に立ち上げられていたが、サービスはまだ開始しておらず、ユーザーも受け入れていない状況だ。

なおゲートUSがライセンスを取得したのは、パーソンアリゾナ州、ジョージア州、ミシシッピ州で、他の州からはゲートUSがライセンスを必要としないことを確認する書面を受け取ったと、暗号資産メディア「コインテレグラフ」はゲートアイアオー広報担当者からの情報として報じている。

ゲートUSは発表で「米国におけるブロックチェーンとデジタル資産のインフラストラクチャーのリーディングプロバイダーになることを目指しており、今後個人および機関投資家向けにデジタル資産取引サービスを提供する予定」だとしている。

ゲートUSおよびゲートグループの創設者兼社長であるドクターリン・ハン(Dr. Lin Han)氏は「私たちは規制の遵守に努めている。ゲートUSはコミットメントに沿い、金融犯罪捜査網(FinCEN)にマネーサービス事業者として積極的に登録し、いくつかの送金ライセンスまたはそれに類するものを取得して営業している。そして現在さらに取得を進めているところだ」と述べている。

ゲートUSの親会社であるゲートアイオーは今年10月、韓国釜山市と覚書(MoU)締結したと発表していた。発表によるとゲートアイオーは釜山市に対し、ブロックチェーン特化教育の推進や人材プールを強化するためのブロックチェーンとデジタル資産関連の教育センター設立、市のステーブルコインの開発、運用、配布を支援していく予定としていた。

関連ニュース

韓国釜山市がGate. ioとクリプトドットコムと覚書締結、バイナンスやFTXらに続き

a16z、スクエア、コインベース、クラーケンがFinCENの暗号資産ウォレット規制案に反論

バイデン米大統領、暗号資産の規制や発行に関する調査を今週にも指示か

SECゲンスラー委員長、米国規制に準拠しない暗号資産業界を非難、FTXの混乱で

FTX前CEOサムがバハマで逮捕、米国へ身柄引き渡しか

参考:Gate.io
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・vitacopS

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察