a16z、スクエア、コインベース、クラーケンがFinCENの暗号資産ウォレット規制案に反論

a16z、スクエア、コインベース、クラーケンがFinCENの暗号資産ウォレット規制案に反論

ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz/a16z)、暗号資産取引所のコインベース(Coinbase)、クラーケン(Kraken)、決済サービス提供のスクエア(Square)が米財務省のFinCEN(金融犯罪捜査網)の暗号資産ウォレット規制案への反論を1月4日に各企業が声明文を発表した。

FinCENの暗号資産ウォレット規制案とは、管理者が存在していない(非ホスト)型の暗号資産(仮想通貨)ウォレットの取締の強化を目的に12月18日に発表されたものだ。FinCENが提案する規制案は2021年1月4日までパブリックコメントを募集していて、兌換可能な暗号資産と法定通貨のデジタル資産を金融商品に分類し、銀行秘密保護法(Bank Secrecy Act/BSA)の要件の対象とすることを提案している。

この規制案では約31万円(3,000ドル)を超える引き出しに対して、ウォレットのサービスプロバイダーは顧客身元確認(KYC)の強化が必要となる。またウォレットサービスプロバイダーは約103万円(1万ドル)を超える取引の場合にはSECやIRSへ報告しなければならなくなるという内容だ。

そしてa16z、コインベース、クラーケン、スクエアの4社は1月4日のパブリックコメント募集の締め切り日に反論を表明した。ここに一部要約して各企業の意見を記載する。

a16zの意見

この新しい規則は表向きは金融犯罪との戦いを目的としており、様々な暗号通貨事業体が顧客の取引相手の詳細な個人情報を収集し、報告することを要求することになります。このような不利益な規制は、多くの予見可能で意図しない負の結果をもたらすことになります。 信頼できる事実と規制の必要性の証拠に基づいた規制を提案し、暗号活動を規制する際の難しいトレードオフを認識し、金融犯罪との戦いを実際に支援するために暗号の利点を取り入れた規制を提案するにもかかわらず、FinCENは退陣した政権の第11時間目に恣意的で気まぐれな機関行動の特徴をすべて備えた規則を提案しました。この規則は対処しようとしている課題の解決に失敗し、銀行秘密保護法の範囲を拡大することで修正第4条に違反し、自己ホスト型ウォレットの焦点を超えて商業活動を一掃し、不均一な適用を保証するような方法で起草されています。このすべては負の影響を認めずに、標準的なルールメイキングプロセスを迂回しながらです。 これらの理由から本日私たちはこの回答を提出し、FinCENに対し米国経済の将来にとって重要なトピックについて、暗号業界との有意義な協議を行うことができるよう、提案されたルールを撤回するか、少なくともコメント期間を延長するよう求めます。

a16z本文

コインベースの意見

FinCENの法案の提案プロセスは、業界の見解に対する「我々対彼ら(us-versus-them)」の敵意に満ちています。これは同じ政策上の懸念を提起する過去のルールメイキングに対する財務省のアプローチとは全く対照的です。また財務省は提案されたルールが一般市民に課すであろう実質的なプライバシー侵害については全く考慮していないようにみえます。コインベースは財務省に対し、提案されたルールを撤回し、暗号資産のエコシステムの完全性を維持し、ユーザーのプライバシーを保護しながら、どのようにしてその目標を達成するかについて、暗号資産業界および一般の人々と真剣に取り組むことを求めています。

コインベース本文

クラーケンの意見

提案された法案は技術革新を阻害し、ホームレス、家を持たない人、移住者、難民の人々への生命を救う支払いの流れを遮断し、暗号資産ユーザーにリスクをもたらし、法執行機関の証拠へのアクセスを侵食し、収益性の高いビジネスを海外に追いやるということだけです。これは明らかに政治的に動機づけられたルール作りの一部であり、公表することで私たちがFinCENに置いてきた信頼感が薄れてしまいます。

クラーケン本文

スクエアの意見

本提案は金融包摂を阻害し、現実的な問題を提示し、恣意的かつ不当に負担を強いるものであり、イノベーションと雇用を米国外や規制機関の外に押し出すことになると、当事務所は書簡に書いています。我々は産業界と法執行機関が共に行ってきた活動が効果的であり、今後も継続されるべきであると考えています。

スクエアの本文

編集部のコメント

各企業ともFinCENが今回提案したルールの作成プロセスは、短絡的で形だけのものであるという見解を示しています。重要なルールにも関わらず、パブリックコメントの期間は年末年始を考慮せずに、12月19日から1月4日ととても短く、ひとまず議論する期間を増やすべきだと思われます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/bakhtiar_zein・osker14・Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。