韓国ソウル地裁、テラ(LUNA)共同創設者の資産約145億円を凍結=報道

テラ共同創設者の資産約145億円凍結

韓国ソウルの地方裁判所が、テラフォームラボ(Terraform Labs)共同設立者シン・ヒョンスン(Shin Hyun-seung)氏の資産約1,400億ウォン(約145億円)を凍結したことを地元紙YTNが11月17日報じた。

報道によるとこの資産凍結は検察官からの要求が承認され、起訴前の追徴保全命令として行われたとのこと。この命令は被疑者が公判前に犯罪収益を処分することを防ぐための予防措置である。

検察は、ヒョンスン氏が投資家に適切な情報開示をせずに暗号資産テラ:LUNA(現在のルナクラシック:LUNC)を販売し、約14,00億ウォンの不当な利益を上げたと主張しているとのこと。

またヒョンスン氏はテラの宣伝活動の為に、自身が設立した決済技術会社のチャイコーポレーション(Chai Corporation)の顧客個人情報を不正に利用した罪の疑いにもかけられているとのことだ。

なおヒョンスン氏は、これらの容疑に対し否認しているという。

今年5月上旬に起こったステーブルコインUSTの米ドルペッグ不安定化に起因するUSTとLUNAの価格崩壊について、韓国の裁判所は今年9月にテラの創業者ド・クウォン氏に対して逮捕状を発布している。

関連ニュース

テラ(LUNA)、新たな再生計画を発表

韓国裁判所、暴落した「テラUSD(UST)」創業者ド・クウォンに逮捕状

【動画解説】新たなテラ(LUNA)「Terra2.0」とは?(CauchyE代表 木村優氏)

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か

テラ(LUNA)関係者、韓国から出国禁止か=報道

参考:地元紙YTN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yevtony

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した