楽天ウォレット、「証拠金取引所サービス」提供へ

楽天ウォレットが証拠金取引所サービス

楽天グループの暗号資産(仮想通貨)取引所である楽天ウォレットが、利用者間で直接暗号資産取引が行える取引所形式の「証拠金取引所サービス」を11月9日発表した。同サービスは11月下旬より開始予定とのこと。

取引に対応した暗号資産(仮想通貨)はイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)の9資産ペア(日本円建て)で、今後さらに増やしていく予定とのこと。

また、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)の取り扱いは取引所形式の証拠金取引として国内初となる。(国内主要暗号資産関連金融商品取引業者で比較)

なお、証拠金取引手数料は現在国内では唯一となるマイナス手数料を採用するとのこと。マイナス手数料とはユーザーによる取引が成立した際に、ユーザーが手数料を支払うのではなく約定金額に応じた金額の日本円をユーザーが受け取れる仕組みのこと。今回でいうと約定した指値注文を出していた取引参加者「メイカー」になったユーザーが「約定金額の0.01~0.02%」に相当する金額の日本円をマイナス手数料として「受け取る」ことができる。

また、サービス開始を記念し、ビットコイン(BTC)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)において、「メイカー」の相手方となる「テイカー」の取引手数料を0%(無料)にするキャンペーンも実施予定とのこと。

なお取引価格の取得から発注までを自動で行えるようにAPIも公開するとのことだ。

関連ニュース

GMOコインがビットコインのレバレッジ取引で国内初のマイナス手数料を導入

楽天「Rakuten NFT」が暗号資産決済導入へ、メタマスクで

楽天ウォレットがレバレッジ取引サービスを開始

バイナンス、ETHとBUSDの現物取引ペア手数料を期間限定で無料に

ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ


関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored