GMOコインがビットコインのレバレッジ取引で国内初のマイナス手数料を導入

GMOコインがビットコインのレバレッジ取引で国内初のマイナス手数料を導入

GMOコイン株式会社が同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインのビットコインレバレッジ取引(BTC/JPY)において、マイナス手数料を導入したことを8月5日発表した。

マイナス手数料とはユーザーによる取引が成立した際に、ユーザーが手数料を支払うのではなく約定金額に応じた金額の日本円をユーザーが受け取ることができる仕組み。

この仕組みでは、約定した指値注文を出していた取引参加者「Maker」になったユーザーが「約定金額の0.035%」に相当する金額の日本円をマイナス手数料として「受け取る」ことができるとのこと。

なお「Maker」の相手方となる注文を発注した側「Taker」は「約定金額の0.040%」を手数料として「支払う」ことになる。

このようなレバレッジ取引におけるMakerのマイナス手数料は国外の暗号資産取引所ではメジャーな仕組みだが、国内の暗号資産取引業者ではGMOコインの提供が初の事例になるとのことだ。

編集部のコメント

日本国内のレバレッジ取引におけるマイナス手数料は、今年4月に暗号資産取引所Liquid by Quoineを運営するQuoine株式会社が6月以降にリリースを予定していると発表をしていました。現時点(2020年8月5日)では続報がありませんが、同取引所ではMakerに最大0.025%の取引手数料の受け取りが発生する予定としています。

ちなみにGMOコインの現物取引においては、Makerに「-0.01%」Takerに「0.05%」の取引手数料が発生します。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Panuwat-Sikham)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/18話題】UST・LUNA発行元の法務担当辞任、G7が暗号資産規制を議論かなど(音声ニュース)

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か、G7財務相会議で暗号資産規制を議論か、仏中銀総裁が発言、ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ、EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス、アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ、パクソスとステートストリートが提携、株式決済インフラ試験統合、米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に、フットサルFリーグ「名古屋オーシャンズ」、FiNANCiEでトークン発行、USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案、Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円調達、ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

Sponsored

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズジャパンが、IGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かった