ゴールドマンサックスら、暗号資産データ分類ツール「Datonomy」ローンチ

ゴールドマンサックスら、「Datonomy」ローンチ

ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)、MSCI、コインメトリクス(Coin Metrics)が、暗号資産(仮想通貨)市場のためのデータ分類サービス「デートノミー(Datonomy)」の提供開始を11月3日に発表した。

「Datanomy」は企業などが取引する暗号資産やNFTなどを正しく財務諸表などで報告するために、ユースケースに応じ分類していくサービスだという。具体的に「Datonomy」は、ポートフォリオ管理、レポート作成、ベンチマーキング、リサーチ、分析の基盤として活用できるようだ。

なおMSCIは株式投資家に重要な意思決定支援ツールやサービスを提供する企業で、コインメトリクスは暗号資産に関する意思決定支援ツールなどを提供する企業だ。

ゴールドマンサックスのマーキークライアント戦略・販売責任者であるアン・マリー・ダーリング(Anne Marie Darling)氏は「この提携により、MSCIの重要な意思決定支援ツール及びサービスにおける専門知識、コインメトリクスの暗号資産分野における情報、ゴールドマンサックスの金融市場における150年を超える経験と組み合わせた革新的プラットフォームが一体となって、顧客の問題解決に貢献することができるようになります。開発者向けサービスを提供し、機関投資家の皆様に信頼されるデータ分析プロバイダーとして、新興の暗号資産コミュニティ向けに信頼性の高いデータサービスを構築することは、当社の戦略的重点事項であり、既存事業の自然な延長線上にあります」とコメントしている。

MSCIのデリバティブ・ライセンシングとテーマ別インデックスのグローバル責任者であるマネージング・ディレクターのステファン・マタティア(Stéphane Mattatia)氏は「暗号資産の分類に一貫性と標準化の枠組みは、投資家の市場評価能力をサポートするために不可欠だと確信しています。グローバル産業分類基準(Global Industry Classification Standard)の共同設立者として、私たちは株式分類システムにおける一般的な経験を活用し、顧客が暗号資産のトレンドを理解し、投資機会を特定し、パフォーマンスとリスクの要因を明らかにするために、セクターごとにポートフォリオのエクスポージャーを測定するのに役立つ効率的な投資ツールを提供します」と伝えている。

コインメトリクスのCEOティム・ライス(Tim Rice)氏は「当社は暗号資産関連の金融情報のリーディングプロバイダーとして、この進化し続ける複雑な市場に透明性をもたらし、顧客がよりよく理解し、導入できるように努めています。このコラボレーションは、暗号資産のエコシステムを監視・分析するための首尾一貫した将来性のある構造を確立し、業界全体にとって大きな飛躍を意味するものです」と述べている。

なおゴールドマンサックスは、今年4月のシリーズCラウンドでコインメトリクスへ出資を行っている。またコインメトリクスは2021年の資金調達ラウンドのシリーズBを完了した後、監査法人のデロイト(Deloitte)からSOC2タイプ1の認定を受け、内部統制監査において監査法人との連携を進めているとのことだ

参考:MSCI
images:iStocks/artsstock・sandipruel-
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored