バイナンスで7000BTCハッキング被害、WiproとR3がタイでの銀行間決済のブロックチェーン・ソリューション開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Binanceで7000BTCのビットコインがハッキング被害

・5/7にBinanceで7000BTC(約44億円)をハッカーによってハッキングされたことがBinanceの公式ブログによって明らかになった

・Binanceは全所有BTCの2%をホットウォレット管理していて、そのホットウォレットがハッキング被害にあった。なお、ユーザーはBinanceが2018年7月3日に立ち上げていたSecure Asset Fund for Users (SAFU)によって保証される

・ハッカーたちは、複数のユーザーのAPIキーなどの情報を盗み、フィッシングやウイルス攻撃など様々な技術を駆使してハッキングをした

※記事公開時およびラジオ放送内で本ニュースの金額の誤りがありました、正しく7000BTC(約44億円)と修正させていただきました。ご迷惑をおかけいたしました

WiproとR3がタイでの銀行間決済のブロックチェーン・ソリューションのプロトタイプを開発

・Wipro(ウィプロ)とR3が、タイ中央銀行と8つのタイの銀行のコンソーシアムでの銀行間決済にデジタル通貨を利用できるブロックチェーン・ソリューションのプロトタイプを開発したと5月7日に発表

・このプロジェクト「Inthanon(インタノン)」の第一フェイズとして開発されたソリューションでは、R3のCordaを利用してタイ銀行が発行を検討しているデジタル通貨「Central Bank Digital Currency (CBDC)」を使った銀行間の決済を行えるようになる

WeChatは5月31日以降の仮想通貨取引を禁止か

・全世界で11億人近くが利用しているWeChatがWeChatを介した仮想通貨取引の禁止を利用規約変更により実施すると発表

・中国での仮想通貨OTC取引のほとんどがWeChat内で行われていることが理由として推測されている

・その内容をクリプトファンド/Primitive創業者ドヴィー・ワン氏がツイートし、それに対してBinanceのCZはWeChatは短絡的な判断をしてしまったと言及。ユーザーはこのことにより不便を感じて、よりクリプトを自由に使う方向に向かうだろうと発言

ペプシコーラのPepsiCoがブロックチェーンプラットフォームを利用した広告テストで28%の効率化に成功

・ペプシコーラを販売する、PepsiCoが仮想通貨Zilliqaのブロックチェーンプラットフォームを利用した広告の運用テストを行い、28%の効率化に成功したことをコインデスクなど複数のメディアが報じた

・このテストはProject Protonと呼ばれ、アジア太平洋地域で実施。パートナーには広告代理店のMindshareをはじめ、オンライン広告会社のRubicon、マーケティング会社のMedia Math、メディア会社Integral Ad Scienceが参加しており、すでに第2段階のテストも計画中とのこと

スターバックスがMicrosoft Azureを導入しコーヒー豆の追跡に活用

・スターバックスがマイクロソフトと共同で取り組んでいるbeen-to-cupプロジェクトにMicrosoft Azureを導入しとことをマイクロソフトのBuildカンファレンスで発表した

・been-to-cupプロジェクトは豆のトレサビリティをはじめ、最終的にはユーザーとコーヒー農家を結び付け、新しい経済機会を作ることを目的としており、このプログラムはオープンソース化するとのこと

・その他のスターバックスとマイクロソフトとの共同プロジェクトには、ドライブスルー効率化やIoT対応機器についての発表もあった

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock,RaStudio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。