サムスンがスマートデバイス向けセキュリティ、ブロックチェーン活用「Samsung Knox Matrix」発表

サムスンがマルチデバイスの保護へ

韓国サムスン(Samsung)が、スマートデバイス向けセキュリティプラットフォーム「サムスンノックスマトリックス(Samsung Knox Matrix)」を10月13日に発表した。

「ノックスマトリックス」は、サムスンの独自プライベートブロックチェーンが実装されており、接続されたデバイス間で機密情報を保護しながら認証情報を共有できるとのこと。

そのため同プラットフォームに接続されたスマートデバイスは、多層的な相互監視を通じてセキュリティを強化することで、不正アクセスから保護しながらログインプロセスをより便利にできるという。

またサムスンのデバイスが、アンドロイド(Android)やタイゼン(Tizen)などのOSをベースとしていた際も「ノックスマトリックス」は、統一されたセキュリティSDKを提供できるとのことだ。

これによりサムスンは、様々なサムスン製コネクテッドデバイスに共通するセキュリティ基準を推進していく予定とのこと。

なおサムスンは今年3月、NFTプラットフォーム付きのスマートテレビ開発にあたり、ニフティーゲートウェイ(Nifty Gateway)と提携している。また2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを1月に発表していた。

関連ニュース

NFT対応テレビ開発、サムスンとニフティーゲートウェイ提携

サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

サムスンがGalaxy S22など予約者にNFT配布へ、ThetaDropで

サムスン、メタバースDecentraland上にバーチャルストア出店

サムスンUS、カルダノ採用ブロックチェーンで植林活動を管理。veritreeと提携

参考:Samsung
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Woodkern

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論