PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携

PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携

メタバース関連ソリューション提供のテラゼロ・テクノロジー(TerraZero Technologies)が、大手監査法人のPwC香港と連携契約を締結したことを10月3日に発表した。

テラゼロは、メタバース関連プロダクト、バーチャルゲームインフラやマーケティングソリューションの開発などを行なっている企業だ。

今回の契約でPwC香港とテラゼロは、没入型3D体験を通じて、あらゆる分野の企業が新しいユーザーを獲得し、新しい方法でユーザーと関わることを支援する市場参入戦略を一緒に考案してくという。また両社は協力して、さまざまなメタバース・プラットフォームでの体験の創出を検討している香港の企業に対して、互いのサービスを販売する予定とのことだ。

具体的にPwC香港は、B2B、B2G、B2Cアプリケーションによるパブリックなメタバース体験だけでなく、企業がプライベートでホストするメタバース体験を構築する新しい方法を共同で探求していくという。その新しい方法は大手ブランドがユーザーとの信頼を築く方法で顧客と対話し取引するために必要な、企業レベルの安全性、プライバシー、セキュリティの機能を備えていると想定しているようだ。

PwC香港のパートナーであるピーター・ブリューイン(Peter Brewin)氏は「顧客にとって魅力的な体験を作り、持続的な成果を出すことに加えて、企業はユーザーのプライバシー、データセキュリティ、サイバー、決済、税金、金融犯罪にまつわるリスクを管理できることが重要です。テラゼロのソリューションと、これらの分野におけるPwCのデジタルに関する専門知識を組み合わせることで、企業がユーザーに信頼される体験を構築するためのツールキットが提供されます」とリリースで伝えている。

またテラゼロのCEOであるダン・ライツィク(Dan Reitzik)氏は「テラゼロの強みは、現実世界とメタバースの架け橋となるエンゲージメント、コミュニティ、ユーザビリティのソリューションを創造することです。企業、起業家、アーティスト、コンテンツクリエイターが、取引やKYCプロセス、ブランドIPの管理などを、ブランド自身が完全にコントロールできる環境の中で安全に行うことができるのです。これは、メタバースが成長し続け、主要な事業者がこの領域に参入してきたときに、私たちが追い求めるビジョンです」と説明している。

ちなみにPwC香港は昨年12月に、NFT活用のメタバースゲームを開発する「The Sandbox(サンドボックス)」のバーチャルな土地である「LAND(ランド)」を取得している。

そして国内コンサルティング企業のPwCコンサルティングは、今年6月に企業向けにNFTのコンサルティングサービスを開始している。

参考:PwC香港
images:iStocks/Rick_Jo
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored