Bリーグのレバンガ北海道、「FiNANCiE」でトークン追加発行とNFT新企画

「レバンガ北海道」がFiNANCiEで第2回ファンディング

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、プロバスケリーグB.LEAGUE B1に所属の「レバンガ北海道」の第2回となる追加トークン発行(ファンディング)の開始を8月29日に発表した。FiNANCiEでは初期トークン販売終了後、オーナーやプロジェクトが追加で支援を募りたい際に、トークンを追加販売できる仕組み(クラウドファンディング)がある。

「レバンガ北海道」は、創設以来「北海道生まれ、北海道育ち」を旗頭に掲げ、地域社会の活性化に取り組む北海道のプロバスケットボールクラブだ。今年3月の初回トークン発行以来、「レバンガ北海道」は「新シーズンのユニフォームデザインを決める投票」や、「折茂武彦引退メモリアルNFT」を発行するなど様々な企画を行ってきた。

第2回目となる今回のファンディングは、クラブの未来を共に創るトークンファミリーを増やし、「レバンガ北海道」のさらなる成長の実現を目的に実施するとのこと。そして2022–23シーズンは、トークンコミュニティを中心としたデジタルでの共創体験やSDGsアクション、北海道の地域貢献活動をさらに推進していく予定だという。

FiNANCiE上で発行されるクラブトークン「レバンガトークン」の第2回販売メニューは、全5種類が用意されており、メニューによって獲得できるトークンと特典が異なる。

またトークンを売却せずに保有し続けると、保有数に応じた特典として「レバードNFTがもらえる!」、「新規入団選手NFTがもらえる!」、「記録達成NFTがもらえる!」といった全3種類のNFTを受け取れるとのこと。

なお「レバードNFTがもらえる!」は配布時点でレバンガトークンを8,000トークン以上保有、「新規入団選手NFTがもらえる!」は配布時点でレバンガトークンを15,000トークン以上保有、「記録達成NFTがもらえる!」は配布時点でレバンガトークンを40,000トークン以上保有となっている。

「レバンガ北海道」の第2回ファンディング実施期間は8月29日13:00~9月27日21:00を予定している。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、株式会社レバンガ北海道の代表取締役社長である折茂武彦氏より以下のコメントを得た。

『日頃より全緑応援いただき誠にありがとうございます! 今シーズンは、トークンホルダー様向けに新加入記念NFTや記録達成NFTなどシーズンを通して楽しんでいただく企画を用意しました。また、トークンホルダーの皆さまと創り上げる『トークンデー』の開催も実施します。ぜひ我々と一緒に『レバンガトークン』を通じて、世の中を笑顔にできるようご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします』

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

Bリーグ「レバンガ北海道」がFiNANCiEでクラブトークン発行

堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、「FiNANCiE」で第2回ファンディング

美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行

ラグビーチーム「LeRIRO福岡」、FiNANCiEでトークン発行

総合型プロスポーツクラブ「しながわシティ」、FiNANCiEでトークン発行

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored