米DTCC、Corda利用の株式決済プラットフォームの本番環境運用テスト開始

DTCCがコルダ利用の株式決済PFの本番環境運用テスト

米国金融市場に決済インフラを提供する大手金融企業DTCC(Depository Trust & Clearing Corporation)が、DLT(分散型台帳)決済プラットフォーム「プロジェクト・イオン・プラットフォーム(Project Ion Platform)」の本番同等環境での並行運用の開始を8月22日に発表した。

今回並行運用が開始されたこのプラットフォームの開発は、金融サービス業界の株式決済におけるDLTイニシアチブである「プロジェクト・イオン(Project Ion)」の取り組みの一つである。このプラットフォームは「耐障害性、安全性、拡張性のある代替決済サービスを顧客に提供すること」を目標として、バークレイズ(Barclays)、BNYメロン(BNY Mellon)、フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)、ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)、JPモルガン(J.P. Morgan)など多数の金融企業によって共同で開発されている。

DTCCによると「プロジェクト・イオン・プラットフォーム」の処理能力は1日平均10万件以上、ピーク時には約16万件とのこと。また同プラットフォームは現在の株式市場の主流であるT+2(取引日から2日後の決済)に加えてT+0の決済サイクルをサポートするとのことだ。

「プロジェクト・イオン・プラットフォーム」は今後も拡張が進められる予定であり、将来的には従来の株式決済サービスとの統合や全ての清算取引への対応などを実現するとのことだ。

DTCCのクリアリング・エージェンシー・サービスのマネージングディレクターであるマレー・ポズマンター(Murray Pozmanter)氏は「これは株式市場にとって画期的な成果であり、DTCCと顧客の深いレベルの協力とパートナーシップを反映しています。プロジェクト・イオンは、金融市場のデジタル化を推進する上で重要な一歩であり、業界の効率化、リスク管理、コスト削減を促進する刺激的で新しい機会への扉を開くものです」とコメントしている。

なお「プロジェクト・イオン・プラットフォーム」には米R3社の企業向けブロックチェーンであるコルダDLT(Corda DLT)が利用されている。R3社は日本のSBIグループが外部筆頭株主として出資を行う企業である。SBIホールディングスは、今回のコルダDLT採用により、コルダDLTが「規制下で活動する金融機関にとって信頼出来る基盤技術であること」が示されたとしている。

なおDTCCは今年4月に、DLTを利用した中央銀行デジタル通貨(CBDC)の決済基盤のプロトタイプを開発したことを発表していた。

関連ニュース

音楽配信「レコチョク」とSBI NFTが提携

SBINFT、NFT真贋判定技術の研究開始

米DTCC、デジタルドル決済基盤プロトタイプ構築、二国間実証へ

米国証券保管振替機構(DTCC)の株式精算のためのブロックチェーンプラットフォームが2022年3Qにローンチか

金融庁と経産省、暗号資産の法人税の課税方法見直しへ方針固める=報道

参考:DTCCSBIグループ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Fugacar

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored