GitHub貢献証明のGitPOAP、約5.8億円調達

GitHub貢献証明のGitPOAPがシードラウンドで約5.8億円調達

GitPOAPが、シードラウンドにて428万ドル(約5.8億円)の資金調達を完了したことを8月18日に発表した。

GitPOAPは、コミュニティやイベントの参加者に対して参加証明としてNFTを配布するPOAP(Proof of Attendance Protocol:ポープ)という仕組みをGitHub上に適用するサービス。Githubでの貢献に対して証明バッジ(GitPOAP)を発行することにより、レポジトリ所有者はコントリビューターを適切に認識することができるようになり、コントリビューターは報酬を得ることができるようになる。

今回の資金調達はインフレクション(Inflection.xyz)とリベルタス・キャピタル(Libertus Capital)が主導し、その他にアバランチェ・ベンチャーキャピタル(Avalanche VC)、プロトコル・ラボ(Protocol Labs)、POAPなどが参加したとのこと。

GitPOAPのCEOコーファックス・セルビー(Colfax Selby)氏は以下のようにコメントしている。

「POAPは、あなたが行ったことの記念品としての役割を果たすだけでなく、ソーシャルアプリケーションやプロフェッショナルアプリケーションの活発なエコシステムへのゲートウェイでもあります。人々の現在のオンラインでの評価は非常に限定的ですが、Web3においては、より深く、ニュアンスを含んだオンライン評価が必要とされています。私たちはPOAPの能力を進歩させることによってこれを促進することを目指しています」

今回調達した資金はチームおよびプロジェクトの拡大に充てられるとのこと。今後は「プロフェッショナルな貢献と成果を記念するための主要な手段となること」を目標に、オープンソースソフトウェアの枠を超えてあらゆるプロジェクトや組織が利用できる統一プラットフォームとしてGitPOAPを展開していく予定とのことだ。

関連ニュース

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も

NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更

オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か

参考:GitPOAP
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kasezo・Mikhail-Bogdanov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察