チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、南アフリカ共和国とフランスのラグビーチームと提携

Socios. comがラグビーユニオンチームと提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、南アフリカ共和国とフランスのプロラグビーユニオンチームとパートナーシップを締結したことを8月4日発表した。

今回チリーズが提携したチームは、南アフリカ共和国のラグビーチーム「シャークス(The Sharks)」と、フランスのラグビーチーム「スタッド・フランセ・パリ(Stade Francais Paris)」の2チームだ。

「シャークス」は、「ユナイテッド・ラグビー・チャンピオンシップ(United Rugby Championship:URC)」に加盟するチーム。「URC」は、スコットランド、ウェールズ、アイルランド島、イタリア、南アフリカ共和国のラグビーチームが加盟するプロラグビーリーグである。また「スタッド・フランセ・パリ」は、フランスのプロラグビー1部リーグ「トップ14」に加盟するチームだ。

なおチリーズが南アフリカ共和国とフランスのラグビーチームと提携するのは初となる。

また2チームの公式ファントークン発行についての詳細は、発表されていない。

チリーズは今年7月、ラグビーユニオンチームでは初となるパートナーシップを締結している。提携したのは、英国ラグビー「ギャラガー・プレミアシップ(プレミアシップ・ラグビー)」に加盟する「レスター・タイガース(Leicester Tigers)」、「ハーレクインズ(Harlequins)」、「サラセンズ(Saracens)」の3チームだ。

「Socios.com」とは

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

チリーズは、アメリカンフットボール、バスケットボール、クリケット、サッカー、ゲーム、アイスホッケー、MMA、モータースポーツ、ラグビー、テニスといった10競技において、既に25カ国で150を超えるスポーツ組織と提携している。

また欧州の多くのプロサッカークラブでトークンを発行している他、北米ではMLS加盟全28チーム中27チームと提携している。なおサッカーだけでなく、NBAでは現在「Socios.com」と提携するNBAチームは全30チームのうち28チームで、その他にもNFLやNHLとの提携も行っている。また韓国やインド、インドネシア、ブラジル、メキシコなどのスポーツチームとも提携を進めており、国・ジャンルを問わず「Socios.com」は展開している。

関連ニュース

Socios. com、ラグビー「ギャラガープレミアシップ」加盟3チームと提携

チリーズ(CHZ)、FCバルセロナ子会社の株式24.5%取得

スペイン「レアル・ソシエダ」がSocios. comでファントークン発行へ

バリユナイテッドFC、「Socios. com」でファントークン発行へ

ブラジルeスポーツチーム「MIBR」、「Socios. com」でファントークン発行へ

参考:Socios.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AlbertoChagas

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored