ビットフライヤー、「ポリゴン(MATIC)」と「メイカー(MKR)」取り扱い開始

ビットフライヤーがMATICとMKR取り扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が、暗号資産ポリゴン(MATIC)とメイカー(MKR)の取り扱い開始を8月2日発表した。

発表によると両銘柄の取り扱いサービスは「アルトコイン販売所」となる。取引所サービスやつみたてサービスについては現在のところサポート対象外となるようだ。

国内取引所がMATICを取り扱うのはビットバンクに続き2例目となり、MKRを取り扱うのはビットバンク・GMOコインに続き3例目となる。

なお「あたらしい経済」編集部がビットフライヤー広報担当へ確認を取ったところ、今回取り扱われるMATICはイーサリアムネットワークのERC-20規格のトークンになるとのことだ。ビットバンクでもERC-20のMATICを取り扱っている。

また今後ポリゴンネットワークのMATIC対応についてビットフライヤーへ聞いたところ、「今後も対応は未定」との回答を得た。

今回の新規暗号資産上場によりビットフライヤーの取り扱い暗号資産は17銘柄となった。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(Mona)、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、ステラルーメン(XLM)、ネム(XEM)、テゾス(XTZ)、ポルカドット(DOT)、チェーンリンク(LINK)、シンボル(XYM)そしてポリゴン(MATIC)とメイカー(MKR)を取り扱っている。

ビットフライヤーでは両暗号資産の取り扱い開始を記念し、8月2日~8月25日23:59までの期間にて、抽選で15名に最大5万円が当たるキャンペーンを開催するとのことだ。

関連ニュース

ポリゴン(MATIC)日本上陸、ビットバンクで国内初上場へ

GMOコインでメイカー(MKR)とダイ(DAI)上場、米ドルステーブルコイン取扱は国内初

ビットフライヤー、「ポリゴン(MATIC)」と「メイカー(MKR)」上場へ

ビットフライヤー創業者の加納裕三氏ホワイトナイト募集、投資ファンドの買収報道受け

三井物産、金連動の暗号資産「ジパングコイン」WP公開。発行はビットフライヤー「miyabi」で

参考:ビットフライヤー

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。