みずほFG、証券トークンの第三者対抗要件に関する実証実験へ

みずほFGがセキュリティトークンの実証実験へ

みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほリサーチ&テクノロジーズが、セキュリティトークン(証券トークン/ST)の実証実験を実施することを7月29日発表した。

この実証実験は、セキュリティトークンの発行・流通に関わるボトルネックである第三者対抗要件の問題を解消することで、証券化商品の多様化、関係者間業務の効率化、取引の活発化を目指すものであるという。実施期間は8月1日~2023年3月31日とのこと。

具体的な実施内容としては、譲渡人、譲受人および債務者向けプロトタイプを用いて、参加者による債権譲渡の模擬実験を行い、現行制度に基づく実ディールにおいて、確定日付ある証書による通知または承諾を取得した場合と比較するとのこと。これにより「債権等譲渡通知または承諾を実施した者およびこれを受けた者が債権譲渡通知等がされた日時およびその内容を容易に確認することができるか」、「ブロックチェーンによる通知または承諾の一連のフローが、書面を用いた場合と比較して、簡便・迅速に行われるか」の検証を行うとのことだ。

なおこの実証実験におけるセキュリティトークンの発行・流通基盤には、Ginco(ギンコ)が参加しており、同社のキュリティトークン活用のためのパッケージシステム「Ginco Securities Wallet」がみずほグループの業務オペレーションおよび証券取引ワークフローに最適化したうえで提供されたとのことだ。

発表によるとこの実証実験の結果を踏まえ、債権譲渡の通知等に関する特例に係る新事業活動実施者の認定に向け申請を実施する予定とのこと。

そして新事業活動実施者の認定を受けた後には、みずほリサーチ&テクノロジーズが構築したセキュリティトークンの売買プラットフォームにおいて、みずほ信託銀行およびみずほ銀行が組成する不動産や金銭債権等各種資産を裏付けとした信託受益権等の証券化商品(債権)を取り扱い、投資家の権利移転をブロックチェーン上で管理して、デジタル完結で第三者対抗要件を具備できるようにするとしている。

これによりみずほは、セキュリティトークンの二次流通における業務効率化およびコスト削減を実現し、投資家の裾野拡大を目指すとのことだ。

関連ニュース

みずほ証券、セキュリティトークンの「ibet for Finコンソーシアム」に参加

みずほ信託銀行、証券トークンの「ibet for Finコンソーシアム」に参加

みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施

JCB、みずほ銀行、富士通がデジタルアイデンティティーの相互運用に関する共同実証実験開始

三菱UFJ、三井住友、みずほらとJR東日本らがデジタル通貨とのSuica連携を検討

参考:みずほFGGinco
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・MARHARYTA-MARKO

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ