音楽配信「ナップスター」、独自トークン「NAPSTER」発行へ

「ナップスター」が独自トークンをローンチへ

音楽配信サービス「ナップスター(Napster)」が、Layer1ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」で、独自トークン「NAPSTER」を発行予定であることが6月10日分かった。

ナップスターは「ナップスターライトペーパーV1(Napster LitepaperV1)」を公開。音楽ファンがより直接的にアーティストを応援できるツールや、音楽制作者が音楽ストリーミング以上の収入を得られる仕組みを、アルゴランド上で開発するとのことだ。

独自トークン「NAPSTER」は、非営利団体「ナップスターイノベーション財団(Napster Innovation Foundation)」のもと発行され、ナップスターのネットワークプロトコル「ナップスター・ネットワーク(Napster Network)」内で活用されるとのこと。なお「NAPSTER」の発行日は公開されていない。またティッカーシンボルについても現状は不明だ。

具体的にこのトークンは、「ストリーミングサブスクリプションサービス」や「アーティスト独自のコンテンツ」、「ナップスターインセンティブプログラム」などで利用できるという。

音楽配信サービス「ナップスター」

ナップスターは今年5月10日、web3特化ファンド「ハイブマインド・キャピタル・パートナーズ(Hivemind Capital Partners)」と、ブロックチェーン開発企業アルゴランド(Algorand)に買収されている。この買収の目的は、ブロックチェーンとweb3をアーティストやファンに提供することで、再び音楽業界に革命を起こすことと発表されていた。

そもそもはブロックチェーンにも活用されているP2P技術を使った音楽ファイル共有ソフトとしてはじまった「ナップスター(Napster)」。一時は世界中でユーザーを伸ばしたが、著作権の問題が指摘され2003年、倒産に追い込まれた。

その際ラプソディ・インターナショナル(Rhapsody International)と2016年に合併。そしてラプソディ・インターナショナル提供の音楽配信サービス名を「ナップスター」とする形で、当初のサービスとは異なるが名称が引き継がれることになった。

その後2020年、VR音楽アプリ提供のメロディーVR(MelodyVR)にナップスターは買収され、その後web3事業に向け「ハイブマインド」に買収された。

アルゴランド(ALGO)

アルゴランドはマサチューセッツ工科大学のチューリング賞受賞者である、シルビオ・ミカリ(Silvio Micali)教授が創設したアルゴランド財団の独自ブロックチェーンだ。コンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用している。

現在は2000以上のグローバル組織や政府、分散型金融(DeFi)のアプリケーションに採用されている。ネイティブトークンのALGOは、各ブロックの構築に使用されるコンセンサスの確保、各トランザクションの支払い、アルゴランドのエコシステムで使用できる。

またアルゴランドは今月2日、FIFAワールドカップと提携し、FIFAの公式スポンサー及び技術パートナーに就任している。この提携により、FIFAの公式ブロックチェーンプラットフォームとなり、アルゴランドのブロックチェーンに対応した公式ウォレットソリューションを提供する予定だ。

関連ニュース

ハイブマインドとアルゴランド(ALGO)、音楽配信「ナップスター」買収

元シティグループ幹部、約1,700億円規模のWeb3.0ファンド組成

アルゴランドが「FIFAワールドカップ・カタール2022」公式スポンサー就任

FTX、「Algorand(ALGO)」現物取扱へ

参考:ナップスター1ナップスター2
デザイン:一本寿和

images:REUTERS/aster1305・artacet・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored