エルサルバドルがビットコイン押し目買い、保有総数2,381BTCに

エルサルバドルがBTCを追加購入

エルサルバドル政府が、ビットコイン80BTCを追加購入したことが7月1日分かった。エルサルバドルのナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領が自身のツイッターで明かした。

ブケレ大統領によると今回の80BTCは、取得平均価格の約256万円(19,000ドル)で押し目買いしたとのこと。今回の追加購入により、エルサルバドルのビットコイン合計保有額は2,381BTCとなった。

エルサルバドルが前回ビットコインの追加購入を行ったのは5月10日だった。当時は取得平均価格の約400万円(30,744ドル)で購入したとのこと。

同国はこれまで昨年9月20日と10月28日にそれぞれ150BTCと420BTCを購入。11月27日には100BTC、12月4日に150BTC、12月21日には21BTC、今年1月22日に410BTCを購入。そして今年5月10日に500BTCを追加購入している。今回でエルサルバドルは8度にわたりビットコインを購入している。

昨年9月7日、エルサルバドルでは米ドルに加えてビットコインが法定通貨となったが、国際通貨基金(IMF)がエルサルバドル政府に対してビットコインを法定通貨として扱うことを見直すように勧告したことが今年1月25日に分かっている。

これについてIMFは「暗号資産を法定通貨として採用することは、金融や市場の整合性、金融の安定性、消費者保護に大きなリスクを伴います。また偶発債務を生む可能性もあります」と説明している。

またエルサルバドルは、32ヵ国の中央銀行と12ヵ国の金融当局を含めた44ヵ国の代表者を集め、ビットコインを議題にした国際会議を5月17日から3日間開催した。

関連ニュース

エルサルバドルがビットコイン国際会議開催へ、32ヵ国中銀と12ヵ国金融当局参加

エルサルバドルがビットコイン押し目買い、保有総数2301BTCに

エルサルバドル大統領、海外投資家への市民権付与を議会に提出へ

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告

「ビットコインシティ」建設発表、エルサルバドルが10億ドル相当の債券発行へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和

images:REUTERS/Jose Cabezas/File Photo

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored