WiL、10億ドル超のファンド組成

WiL、10億ドル超のファンド組成

日米に拠点を持つベンチャーキャピタルWiL(ウィル)が、10億ドル(約1,340億円)を超えるファンドを組成したことが6月15日に分かった。

WiLは2014年からこれまでメルカリ、ラクスル、ワイヤーなど日米で100社以上のスタートアップへ投資をしてきた。 

今回、新たに組成したファンドは、ベンチャー投資ファンドである「WiL Ventures III」、ベンチャーキャピタルのためのファンド(Fund of Fund:FoF)である「WiLSP(WiL Strategic Partners)」、LP企業の特定のニーズに合わせたコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の3つの領域の投資活動に活かされるという。また新たにファンドを組成したことで、WiLグループ合計運用総額は、19億ドル(約2,546億円)になったとのこと。

ちなみに今年2月にWiLは、ブロックチェーン・暗号資産等のweb3領域の日本人起業家ら7人が、シンガポールで組成した「Next Web Capital(略称:NeW)」にも出資を行なっている。

今後WiLはファンドを通じて、B2B領域だけでなく、ヘルスケア、エネルギー、脱炭素、web3など社会課題の変化に応じて新しい領域への投資も拡大していくとのことだ。

さらに「WiLSP」を通じて、世界の大手VCや新興VCとも連携し、カバーする技術領域や地域を拡大し、LPである日本企業だけでなく日本全体への裨益効果も高めていくとしている。

参考:WiL
images:iStocks/Aramyan・BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored