「もっとビットコインエンジニアを増やしたい!」|Bitcoin Hackathon for Mobile Developer イベントレポート

ハッカソンの概要

Bitcoin Hackathon for Mobile Developerとは、「ビットコインのエンジニアを増やしたい!」という目的のもと、CryptoAgeとYenomが共同開催したモバイルディベロッパー向けのハッカソンです。
昨今、ブロックチェーンを利用したアプリケーション、DApps(分散型アプリケーション)の開発が世界中で行われており、5月時点では400個ほどだったものが、8月18日時点で1700個超(※1)と急速に増加しています。
(※1)STATE OF THE DAPPSにて確認

そのうち多くのDappsはEthereumで開発されており、Bitcoinで開発されているものは世界的にみてもまだまだ数は少ない現状です。実際に運営メンバーも、Bitcoinで複雑なスクリプトがかけることやEtheruemと同じようにDappsを開発できることを最近まで知りませんでした。今回はそのような事実を伝えて、もっとビットコインエンジニアを増やしたいという思いから、ハッカソン開催に至りました。

また、Yenom社は8月初旬に、簡単にウォレットが作れるSwift用OSSライブラリ「BitcoinKit」をリリースしており、今回のハッカソンではこのライブラリを主に活用したプロダクト開発が行われました。

当日の様子

今回のハッカソンは、本郷のブロックチェーンコワーキングスペース HashHubのイベントスペースを提供いただき開催が実現しました。34名の参加者が北は岩手、南は福岡から集まり、10チームに分かれてアプリの開発に取り組みました。

開会式では、審査員を務める株式会社chaintope CTOの安土 茂亨 氏、スポンサーのBitcoin.com 開発者 Paul Bergamo 氏より激励の言葉をいただき、運営陣によるビットコインに関するハンズオンへと移りました。

ハンズオン

「Bitcoin Hackathon for Mobile Developper」という表題の通り、今回のハッカソン参加者はビットコインに触れたことのないモバイルディベロッパーがほとんどです。まずは根幹となるインプットとして、YenomとBitcoin.comの開発者よりハンズオンが行われました。

Txの仕組み by Yenom 宇佐美 (@usatie)
Androidハンズオン by Yenom 内田 (@yuikijp)
Bitboxハンズオン by Bitcoin.com Paul氏 (@PorlyBe)

アプリ開発の様子

アイスブレイク

各チーム2〜4人で構成され、合計10チームとなりました。

チームとはいえ、ほとんどの方がその日初めて会ったばかり。まずはアイスブレイクをし、一緒にランチを食べて、この後に控えるアイデアソンに向け親睦を深めました。

アイデアソン

「よーい、ドン!」でアプリ開発、というわけにはいきません。
・モバイルしか出来ないこと
・ビットコインしか出来ないこと
・上記2つを掛け合わせる
といったフレームワークでまずはアイデアを付箋に書いて量産します。

付箋に書き出したアイデアを「新規性」と「開発難易度」という2つの軸でプロットし、さらにアイデアを発展させます。この段階になるとチームもすっかり打ち解け、議論はますます白熱していました。

開発スタート!

できたアイデアを元に、いよいよ開発がはじまります。参加者各位が積極的に運営陣・審査員に質問の雨を降らせます。

また、審査員の安土 茂亨 氏から「Bitcoinで作るSmart Contract」、宮本 丈 氏からは「BitAuthについて」と、アイデアをさらにブラッシュアップさせるテーマで全体への講義を行っていただきました。審査員のお二人は、先月開催のHashHubカンファレンスでも登壇されていることからもわかる通り、日本のビットコイン業界をリードする方々です。運営側も仕事を忘れて最前列で聞いてしまう、お金を払って聞くような豪華な講義でした…!これだけでも参加したい人はかなり多いはずです。

安土 茂亨 氏「Bitcoinで作るSmart Contract」
宮本 丈 氏「BitAuthについて」

講義資料:
安土 茂亨 氏「Bitcoinで作るSmart Contract」
宮本 丈 氏「BitAuthについて」

講義が終わった後も開発は続き、23時になっても議論の声と笑顔はやみません。参加者の3分の1がほどが一晩中開発しており、その熱量に運営側も驚きました。

プレゼン

10時間を超える開発が終了し、各チーム7分を持ち時間とするプレゼンを行いました。審査は、chaintope 安土 茂亨 氏、HashHub 宮本 丈 氏、Bitcoin.com Gerald Fabrot 氏・Paul Bergamo 氏といった豪華なメンバーを迎え、下記の審査基準をもとに行われました。

ひとつの基準として、「ビットコイン関連部分の実装力」があるので、各チームがスライドにビットコインスクリプトや、エクスプローラーのOP_RETURNなどを埋め込み、今後の展望も含めて発表してくれました。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

溝口慎也

株式会社Yenom デザイナー
1992年生まれ、三重県伊勢市出身。

2016年にSIerを退職し、3人目のメンバーとしてYenomにジョイン。ユーザー体験の設計など、プロダクトの質に関わるUXデザインを中心に、必要になったことはBizdevやCS、広報まで幅広く担当。


株式会社Yenom
「ビットコインで、世界を遊ぶ。」をミッションに掲げ、ビットコイン初心者の方でも簡単に使える「とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリ Yenom」や、Swift用OSSライブラリ「BitcoinKit 」を開発・運営している。

株式会社Yenom デザイナー
1992年生まれ、三重県伊勢市出身。

2016年にSIerを退職し、3人目のメンバーとしてYenomにジョイン。ユーザー体験の設計など、プロダクトの質に関わるUXデザインを中心に、必要になったことはBizdevやCS、広報まで幅広く担当。


株式会社Yenom
「ビットコインで、世界を遊ぶ。」をミッションに掲げ、ビットコイン初心者の方でも簡単に使える「とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリ Yenom」や、Swift用OSSライブラリ「BitcoinKit 」を開発・運営している。

合わせて読みたい記事

Web3時代はすぐそこか? 暗号資産・ブロックチェーン業界を牽引する52人の「2022年の展望」

「あたらしい経済」の年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を国内外で牽引するプレイヤーや有識者の方々に「2022年の展望」を寄稿いただきました。 この記事には私たちがこれからの「あたらしい経済」時代をサバイバルしていくための、多くのヒントやインサイトに溢れています。

【取材】NFTアバターサービス「METABA」とは? 大塚愛やホリエモンらのアバター販売開始(コルク 佐渡島庸平 インタビュー)

小説家や漫画家をはじめとしたクリエイターのエージェント事業を展開するコルクが、NFTアバターサービス「METABA(メタバ)」を発表した。「METABA」から著名人をモチーフにした3DボクセルアバターNFTが発売され、そのアバターが身につけることの出来るファッションアイテムNFTも制作される。

【解説】シンボル(XYM)のキプロス実装と、ネム(XEM)のハーロックとは? 何が変わる?(Symbol NEMコミュニティ トレスト氏)

「あたらしい経済」編集部は、国内のSymbol & NEMコミュニティの有識者のトレスト氏(@TrendStream)に取材。今回成功した「キプロス」ハードフォークと、今後の「ハーロック」、そしてこれらのハードフォークが成功することの意義について、語っていただいた。

「NFTにもっと流動性を」ユニマがNFT買取サービスをはじめる理由(モバイルファクトリー COO 深井未来生)

「あたらしい経済」はモバイルファクトリー 取締役COO・ビットファクトリー 代表取締役の深井未来生氏を取材。同社が買取サービスを開始した理由、マーケットプレイスの今後のアップデート、そしてどのようにこれから日本のNFT市場を盛り上げていきたいかなどについて訊いた。

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。