「もっとビットコインエンジニアを増やしたい!」|Bitcoin Hackathon for Mobile Developer イベントレポート

入賞チーム

Ken Shishido賞 ー 「チーム長野から来た」

塾講師を例に、「時間を売る商売において延長料金を払われない問題を解決したい。」という想いのもと、開発は終わらなかったものの、Bluetoothとマルチシグを用いた1分単位でのマイクロペイメントの構想を笑いと共に届けてくれました。

東京ビットコインミートアップオーガナイザー 宍戸 健氏より、賞品として0.1BCHが贈られました。

Ken Shishido賞 ー 「チーム長野から来た」

Yenom賞 ー「sumo」

「歩いて、痩せて、稼げる。二度おいしいダイエット支援アプリ sumoウォレット」は、OP_RETURN に目標歩数を入れ、それに満たなかった場合は自分のビットコインがバーンされるというアプリ。今後の展望として、歩数をランキング化し上位がビットコインをもらえる機能追加に加え、その際の不正を検知するために、チーム制やモバイルならではのGPS導入などの構想を話してくれました。
賞品として、Yenomから「ビットコインしろTシャツ」が贈られました。

Yenom賞 ー「sumo」

HashHub賞 ー「Team crypto」

転売チケットの高価格化を防ぐべく、multisigとlocktimeを使って、転売フローにチケット販売元を挟むことで定価での販売を実現したアプリです。チケット情報はブロックチェーンにて管理されます。
賞品として、協賛のHashHubから「1ヶ月間ホットスペースの無料利用権」が贈られました。

HashHub賞 ー「Team crypto」

第3位 ー「MatrixWallet」

たった2人でオフチェーン×オンチェーンのアトミックスワップを実装したMatrixWalletチーム。今回はBCH(オンチェーン)とBTC(ライトニング)のアトミックスワップに成功。高い技術力でやりきり「動画ではわかりにくいですが、コードを見てください。」と力強い一言をくれました。
第3位の賞品として、協賛のBitcoin.comから「0.25BCH」が贈られました。

第3位 ー「MatrixWallet」

第2位 ー「Craft Chain」

「モバイルでの投票は手軽さのあまり、無責任な投票をしている人が多い。」そう話すCraft Chainチームは、大学のミスコンを例に、ビットコインを用いることで一票に重みを出すアプリを開発しました。重みをだすほかにも、OP_RETURN、multisig、Timelockを用いて応援メッセージの投稿や、出場者へのインセンティブ設計を実現しました。
第2位の賞品として、協賛のBitcoin.comから「0.5BCH」が贈られました。

第2位 ー「Craft Chain」

第1位 ー 「Clock Wallet」

第1位は、遺産相続を楽にする「Clock Wallet」チーム。「遺産相続で起こる問題は、少子高齢化のこれからもっと増えていく」と課題をあげ、指定した年月が経つと、指定したユーザが引き出せるClock Walletを開発しました。アプリを閉じる際にトランザクションを発行することで、ウォレットにありがちな秘密鍵紛失・スマホ故障などの問題にも対応しました。審査員のHashHub 宮本 丈 氏からは「なぜこの類のアプリが出てないのか不思議、早く出した方がいい。」と太鼓判をもらい、映えある第1位を獲得しました。
第1位の賞品として、協賛のBitcoin.comから「1BCH」が贈られました。

第1位 ー 「Clock Wallet」
第1位の賞品として、協賛のBitcoin.comから「 1 BCH 」が贈られました。

審査員の安土 茂亨 氏・宮本 丈 氏からは、「想定以上のレベルに驚きました。単純に嬉しいです。」と喜びの言葉を、Bitcoin.comのジェラルド氏・ポール氏からも、本ハッカソンに対する賞賛の言葉をいただきました。

 

最後はお待ちかね、懇親会!

ピザとビールを両手に抱え、チームを超えて交流し、2日間の疲れを飛ばしました。ところどころで聞こえてくる喜び、無念、ビットコインへのワクワク感を含んだ声、そして全員での記念撮影写真に映る笑顔は「ビットコインのエンジニアを増やしたい!」と意気込んだ運営の私たちに、ビットコインのポテンシャルの大きさを改めて感じさせてくれました。

懇親会の様子
最後に集合写真、笑顔と疲れが垣間見えます。

第二回の開催決定!

今回はCryptoAge、Yenom共に初めてのハッカソン運営でした。今回の反省を活かし、第2回のハッカソン開催も決定しました!第2回のご参加もお待ちしております!!
申し込みはこちらから!!

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

溝口慎也

株式会社Yenom デザイナー
1992年生まれ、三重県伊勢市出身。

2016年にSIerを退職し、3人目のメンバーとしてYenomにジョイン。ユーザー体験の設計など、プロダクトの質に関わるUXデザインを中心に、必要になったことはBizdevやCS、広報まで幅広く担当。


株式会社Yenom
「ビットコインで、世界を遊ぶ。」をミッションに掲げ、ビットコイン初心者の方でも簡単に使える「とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリ Yenom」や、Swift用OSSライブラリ「BitcoinKit 」を開発・運営している。

株式会社Yenom デザイナー
1992年生まれ、三重県伊勢市出身。

2016年にSIerを退職し、3人目のメンバーとしてYenomにジョイン。ユーザー体験の設計など、プロダクトの質に関わるUXデザインを中心に、必要になったことはBizdevやCS、広報まで幅広く担当。


株式会社Yenom
「ビットコインで、世界を遊ぶ。」をミッションに掲げ、ビットコイン初心者の方でも簡単に使える「とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリ Yenom」や、Swift用OSSライブラリ「BitcoinKit 」を開発・運営している。

合わせて読みたい記事

なぜ大手クリプトファンドは「Open Finance」と「Web3」に賭けるのか

パブリックブロックチェーンがもたらしたエコシステムの中でも、「Open Finance(又はDeFi)」と「Web3.0」と称される2つのムーブメントが大きな注目を集めています。 Open Finance及びDeFi(Decentralized Finance)とは、主にEthereumブロックチェーンを取り巻く金融エコシステムの総称で、透明性やパーミッションレスなどの特徴をもつ新しい金融のあり方です。

ブロックチェーンはネット世界に濃度を付ける技術〜芥川賞作家 上田岳弘 氏インタビュー

仮想通貨(暗号資産)/ブロックチェーンを題材にした『ニムロッド』で第160回芥川賞受賞し、最新作『キュー』ではテクノロジーの発展の先にある分散化あるいは究極の中央集権化を見事に描いた小説家 上田岳弘 氏。そんな上田氏がどのようにブロックチェーンをとらえているか、そしてその先を未来をどう思い描くのかなどについて語っていただいた。

「あたらしい経済」1周年を記念してイーサリアムのブロックチェーンにメッセージを刻みました

本日、2019年6月21日が「あたらしい経済」の一周年記念の日となります。いつも記事を読んでいただいている読者の方々、ラジオを聴いていただいているリスナーの方々、そして私たちのメディアの取材や連載に協力いただきました皆様、この場をお借りしてお礼申し上げます。

法令改正の節目を迎え2019年の仮想通貨・ブロックチェーン領域はどうなる? 河合健氏×山村賢太郎氏インタビュー

「ビットコイン」に代表される仮想通貨(暗号資産)によって幅広く知られるようになったブロックチェーン(分散型台帳システム)技術だが、転換期とも言える2019年は、金融的な側面での法令整備がさらに進み、金融以外のユースケースも登場している。 仮想通貨や金融面の法令に詳しいアンダーソン毛利・友常法律事務所の河合健パートナー弁護士と、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行うBlockBase株式会社 取締役 COOの山村賢太郎氏に話を聞いた。

社会にブロックチェーンを実装することはできるのか、ブロックチェーン・インテグレーター「Chaintope」の挑戦

「Chaintope」は「ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する」をミッションに掲げたブロックチェーンに特化した福岡県飯塚市に拠点を置くブロックチェーン・カンパニーだ。今回「Chaintope」の取締役COOである村上照明氏に、「Chaintope」の成り立ちから、実際にブロックチェーンを社会実装する上で必要なことなどについてお話を聞いた。

「Politech(政治×技術)」で日本の政治を変えることができるか、大学生スタートアップ「POTETO」と「PoliPoli」の挑戦

日本にも「Politech」領域に果敢に挑戦する若者たちがいる。 政治家とまちづくりができるアプリ「PoliPoli」を手がける株式会社PoliPoliと、政治家のプローモーションビデオやWEB制作など政治家の情報発信を手がけるクリエイティブチーム株式会社POTETOだ。ともに大学生が起業した日本の「PoliTech」スタートアップだ。

既存の金融システムと仮想通貨はどのように新しい金融を作るのか?マネーフォワードフィナンシャル神田潤一の挑戦(後編)

マネーフォワードフィナンシャルの神田潤一氏のインタビュー後編では、Fintech企業・暗号通貨・ブロックチェーンが生み出す「あたらしい金融の形」についてや「既存の金融機関ではカバーできない部分やグローバル的に見て、日本の金融はどうなのか?」についてお話いただきました。

大晦日に1年を振り返って考えるブロックチェーンや仮想通貨の魅力と、2019年に「あたらしい経済」が目指すこと

今回のラジオでは「あたらしい経済」編集部の設楽と竹田が大晦日に2018年を振り返りトークをした大晦日特別編を配信いたします。ブロックチェーンや仮想通貨に魅了された私たち2人が、1年を振り返ってあらためて考えるブロックチェーンや仮想通貨の魅力とその変化について、また来年の業界予想や「あたらしい経済」の2019年の目標について話しています。