前澤友作、100億円規模のweb3ファンド立ち上げ

前澤友作氏が100億円規模のweb3ファンド立ち上げ

ZOZO創業者の前澤友作氏が、総額100億円規模のweb3ファンド「MZ Web3ファンド」を立ち上げたことが5月27日分かった。

前澤氏が代表取締役を務める株式会社前澤ファンドの発表によると「MZ Web3ファンド」では、web3やメタバース領域のシードからアーリーステージ企業やプロジェクト等を対象に投資を行うとのこと。チケットサイズについては数百万円~数億円となっており、マイノリティ投資からリード投資まで柔軟に対応するとのことだ。

また「MZ Web3ファンド」では、前澤氏がこれまで培ってきたマスユーザー向け事業の運営経験、国内有数のSNSフォロワー基盤、ブロックチェーン技術における知見などを余すことなく提供するとしている。

具体的にこのファンドの特徴としてあげられているのは、「審査通過後、1週間以内に投資の意思決定及び資金提供可能」、「 投資先企業のプロモーションやマーケティングを支援」、「 テクノロジーやクリプト領域の専門家による事業立上支援」となっている。

なおこの発表より、ファンドの投資先企業やプロジェクトの募集を開始しているとのことだ。

前澤氏は発表にて『Web3とメタバースによって、今までスポットの当たらなかった人や場所に光を当てることができるかもしれない。情報格差や所得格差が拡大する現代社会の歪みを滑らかにすることができるかもしれない。政治・宗教・人種・国境・性別を越えて、あらゆる人がフラットに繋がり合うことができるかもしれない。

今までのお金ではない新しいお金が生まれるかもしれないWeb3の世界。自分ではない自分が生まれるかもしれないメタバースの世界。「わかっている人」たちだけで閉ざさない、「わからない人」たちも巻き込んだ、新しい世界の地平線を、今僕たちは見ようとしているんだと思います。張り切っていきます!』とコメントしている。

なお前澤氏は昨年8月、日本初のIEO (Initial Exchange Offering)を実施したパレットトークン(PLT)発行元で、ブロックチェーンネットワーク「Palette(パレット)」を開発する株式会社Hashpaletteの親会社、株式会社HashPort(ハッシュポート)へ約4.8億円を出資している。

関連ニュース

前澤友作氏から約4.8億円調達、パレットトークン(PLT)のハッシュポート

【取材】ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも

【徹底取材】前澤友作氏から資金調達、パレットトークン(PLT)今後の展開は?(HashPort 吉田世博氏)

前澤友作氏の電子決済新事業に暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットCTO白石陽介氏が参画か

HashPortが経営管理体制を強化、社外取締役にARIGATO BANK白石氏、監査役に染原氏、取締役CFOに海保氏

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored