HashHub8月2日オープン、Cryptoeconomics Lab日本からアジアへ、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFが拒否、QUICKNEMがWordPress対応プラグイン公開など5つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月27日のニュース

  • ブロックチェーン特化型コワーキングスタジオHashHub8月2日オープン
  • 日本からアジアへブロックチェーン技術を輸出する! Cryptoeconomics Labが「福岡ブロックチェーンコンソーシアム」に参画
  • ウィンクルボス兄弟のビットコインETFが拒否。取引所の運営に問題が指摘され
  • ブロックチェーン基盤の「暗殺市場」が出現、批判の声も
  • ホームページからリンクを貼るだけで仮想通貨NEM決済できるQUICKNEM、WordPress(WooCommerce)対応プラグインを無償公開

images:iStock / artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

前CFTC議長がデジタルドルプロジェクト発表、ToyotaLeasingがタイでブロックチェーン債券発行、日本STO協会がSTOプラットフォームガイドライン検討WG設置などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

前CFTC議長がデジタルドルプロジェクトを発表、Toyota Leasingがタイでブロックチェーンにて債券を発行、日本STO協会がSTOプラットフォームのガイドライン検討ワーキンググループを設置、日銀がレポート「ブロックチェーン技術のスケーラビリティ問題への対応」を発表

日本STO協会がSTOプラットフォームのガイドライン検討ワーキンググループを設置

一般社団法人日本STO協会が、STOプラットフォーム(電子記録移転権利の発行等を行うシステム)についてのガイドライン検討のためのワーキンググループを設置したことを1月17日に発表 ・同ワーキンググループは、同協会の会員及び市場関係者をもって構成され、原則非公開となる。

バイナンスがZコーポレーションとTAOTAOと戦略的提携に関する交渉を開始、JCBが富士通と決済連携プラットフォーム開発プロジェクトを開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本の仮想通貨取引所業界の再編成が進むか、バイナンス、Zホールディングス、TAOTAOが戦略的提携に関する交渉を開始、JCBが富士通とブロックチェーンを活用した決済連携プラットフォーム開発プロジェクトを開始、仮想通貨取引所Geminiがキャプティブ保険会社「ナカモト」を設立、クリプトゲームスとブループリントがパートナーシップ締結