Bancor流出、Augurの正式リリース、「Guardian for 税務調査」が開始、金融庁長官が遠藤俊英氏になど6つのニュースを音声で紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月11日のニュース

  • Bancorプロジェクトが23.5億円流出した後に、暗号通貨業界に伝えたいこと
  • 決済サービスのコインゲートがBTCのライトニングネットワーク決済を100店舗で開始
  • 2年間のベータ版を経て、分散型予測市場のAugurがついに正式リリース
  • チェコの投資銀行、100億円規模のブロックチェーンファンドの設立へ。
  • 仮想通貨取引に関する税務調査の総合的サポート『Guardian for 税務調査』を開始
  • 金融庁長官が遠藤俊英氏に、17日付の人事

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・ojogabonitoo

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BMWがBCトレーサビリティシステムPartChain拡大、電縁と東大が漁獲物BCトレーサビリティシステム実証実験開始、LayerX中村龍矢氏が執行役員に選任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMWがブロックチェーントレーサビリティシステム「PartChain」を拡大、電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始、LayerXがリードリサーチャー中村龍矢氏を執行役員に選任、ステイクがパリティテクノロジーズのサブストレートデリバリーパートナーに認定

(電縁取締役石原 玲一氏コメントあり)電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始

株式会社電縁が、ブロックチェーン活用の漁獲物トレーサビリティシステムの実展開に向け、国内漁場の流通実態調査及び実証実験を国立大学法人 東京大学大学院 農学生命科学研究科との共同提案により水産庁から受託し、作業開始したことを4月2日発表した

CoinbaseのDefiファンドがUniswapとPoolTogetherに投資、コインチェックの板取引でアルトコイン取扱開始、バイナンスがマイニングプールローンチへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Coinbaseが運営するDefiファンドがUniswapに100万USDC、PoolTogetherに10万USDCを投資、コインチェックが板取引サービスでアルトコインの取り扱いを開始、バイナンスがマイニングプールをローンチすることをCZが明らかに、米マウントサイナイ病院がIBD患者のケアのため、ブロックチェーンを活用、ザイフが取り扱い通貨の上場を廃止へ