Binanceが西日本洪水被害に100万ドル相当寄付、「ideagram」のVISITS Technologiesが約5億円資金調達、CBOEがSECにビットコインETF申請、など5つのニュースを紹介。(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

※昨日7月9日にUPしたファイルに途中で切れてしまう不具合がありました、申し訳ありません。正しいファイルに差し替えました(2018/7/10 11:00)。

7月9日のニュース

  • Binanceが西日本の洪水被害に対して100万ドル相当の寄付を
  • 特許技術「ideagram」の提供を行うVISITS Technologiesが約5億円の資金調達を実施
  • ブロックチェーンスタジオHashHubがオープン記念イベント「HashHubカンファレンス 2018」を開催
  • PoliPoliがネット投票の研究と推進を行うVOTE FORと業務連携
  • CBOEがSECにビットコインETFの申請

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

 

images:iStock / artsstock・Murat Göçmen

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LayerXがR3のソリューションパートナーへ、ジェミナイがチェインリンク、ダイ、オーキッドの取扱開始、フィナンシェがVRプラットフォームVARKと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LayerXがR3社の公式ソリューションパートナーへ、米仮想通貨取引所ジェミナイが新たにチェインリンク、ダイ、オーキッドの取り扱いを開始、ICC(国際商工会議所)が貿易金融市場の新型コロナウイルスへの対処ガイダンスを発表、フィナンシェがVRライブプラットフォームVARKと提携

bitFlyerがBATの取扱開始、bitFlyerBlockchainがmiyabiをBaaSとして提供開始、テスラやCargo Smartらが貿易BCPFのパイロットプロジェクト完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

bitFlyerが新たにベーシックアテンショントークン(BAT)の取扱い開始、bitFlyer BlockchainがmiyabiをBaaSとして提供開始、テスラ、Cargo Smartらが貿易ブロックチェーンプラットフォームのパイロット版を完了、ニトリが新たにブロックチェーンを活用した物流システムを秋にも稼働か、アメリカの仮想通貨特化のベンチャーキャピタルVolt CapitalがChicago Defi Allianceを設立

テスラ、Cargo Smartらが貿易ブロックチェーンプラットフォームのパイロット版を完了

出荷管理技術開発企業Cargo Smart(カーゴスマート)社は、COSCO SHIPPING LINES(COSCO)、上海国際港集団(SIPG)、テスラ社(Tesla, Inc.)と共同で、港での荷揚げ作業を効率化するためのブロックチェーンを活用したパイロットプロジェクトを完了させたことを発表した。