Binanceが西日本洪水被害に100万ドル相当寄付、「ideagram」のVISITS Technologiesが約5億円資金調達、CBOEがSECにビットコインETF申請、など5つのニュースを紹介。(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

※昨日7月9日にUPしたファイルに途中で切れてしまう不具合がありました、申し訳ありません。正しいファイルに差し替えました(2018/7/10 11:00)。

7月9日のニュース

  • Binanceが西日本の洪水被害に対して100万ドル相当の寄付を
  • 特許技術「ideagram」の提供を行うVISITS Technologiesが約5億円の資金調達を実施
  • ブロックチェーンスタジオHashHubがオープン記念イベント「HashHubカンファレンス 2018」を開催
  • PoliPoliがネット投票の研究と推進を行うVOTE FORと業務連携
  • CBOEがSECにビットコインETFの申請

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

 

images:iStock / artsstock・Murat Göçmen

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/6話題】ユニスワップのBNB展開にa16zが反対、Starknet Proverがオープンソース化など(音声ニュース)

ユニスワップのBNB展開、UNI大量保有のa16zが反対票投じる、米検察当局、シルバーゲートによるFTXとアラメダとの取引を調査=情報筋、スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化、SBI DAHが国内機関投資家向けデジタルアセットカストディ提供へ、英ゾディアとJV設立で、MakerDAO、500万ドル規模の「防衛基金」立ち上げ、OpenSeaが「Drops on OpenSea」のバージョンアップへ、自称ビットコイン開発者クレイグ・ライトの25億ドル訴訟が裁判に

Sponsored