LCNEMが日本円と等価となるトークン(ステーブルコイン)「LCJPY」を販売開始。同社代表の木村氏のコメント掲載

株式会社LCNEMが、法定通貨と等価となるトークン(ステーブルコイン)の「LCJPY」の販売開始を発表した。

ステーブルコインとは法定通貨と等価にする手法により実現される、 従来の仮想通貨のようなボラティリティをなくしたトークンの総称のことだ。

仮想通貨は一般的に、 法定通貨と比較して価格の変動が激しく、 現状では実社会での利用には相場変動リスクなどの問題がある。 そこでLCNEMは、 NEMブロックチェーンのモザイクという独自トークン発行機能を使って日本円とのステーブルコイン「LCJPY」を発行するという。

本トークンは同社の「LCNEM Wallet」にてスマートフォンで管理ができる。また法律対応については前払い支払い手段としてトークンを販売。出資法を踏まえて、Amazonギフト券やkyashなど流動性の高いほかの前払式支払手段との交換に対応することで額面の価値を保つとのこと。

「あたらしい経済」編集部は株式会社LCNEMの代表取締役社長である木村優氏に電話取材をした。

−「LCJPY」はなぜNEM上で発行することにしたのですか?

NEMはシステム利用のための学習コストが低く、既存システムとの統合が簡単なブロックチェーンです。LCNEMステーブルコインに不可欠となる独自トークン機能はもちろんのことですが、それ以外にもセキュリティ対策になるマルチシグ機能がサポートされており、セキュリティ安全に独自トークンを管理することができるからです。また、ネットワークの渋滞が発生しておらず、手数料も安いのでNEMにしました。

−このトークンはすぐに利用できるのか?その利用用途は?

今すぐにでも個人間の融通などに使えます。またイベントでの決済にはLCNEMのステーブルコインだけでなく、そのイベント独自の商品券、ポイントもNEM上のトークンにすればLCNEM Walletから単独、もしくはステーブルコインと組合わせて送信することができます。

−公式WEBサイトに、数種類の法定通貨と等価となるトークンを発行します、書かれていますが、日本円以外にも対応する通貨はあるのか?

日本円に加えて、USドルやユーロにも対応するコインを作る予定です。

−具体的にどのような人に、どんなケースで使って欲しいか?

仮想通貨は相場変動リスクが怖くて使えない、という人に使って欲しいです。

確かに、安心安全な手段でステーブルコインが日本でも発行されて利用されるようになると、そのユースケースは増えそうだ。「LCMEN」のサービスはまだ編集部でも利用しておらず、とりあえず今回ニュースとして第一報をお伝えした。

今後「LCMEN」を利用して、安全性や利用価値などを検証していきたいと思っている。

 

◯プレスリリースはこちら
「LCNEM、ステーブルコイン販売開始。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000034101.html

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

日本政府と日銀が中銀デジタル通貨発行へ本腰か、R3のCEOが社債テクノロジーベンチャーを立ち上げ、GaudiyがBC利用のデータ所有型電子書籍の実証実験を今夏開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本政府と日本銀行が中銀デジタル通貨(CBDC)発行へ本腰か、R3のCEOが新たに社債テクノロジーベンチャー立ち上げを発表、Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始、Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表、イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

(コメント追記:株式会社Gaudiy 担当者 小川哲也氏)Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

株式会社Gaudiyがマンガアプリ「GANMA!(ガンマ)」を手がけるコミックスマート株式会社と業務提携したことを7月14日に発表した。この提携により両社はブロックチェーン技術を利用した、ユーザーがデータを所有することのできる新しい電子書籍事業を共同で推進するとのこと。

イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行(Bank of England:BOE)の総裁である総裁のAndrew Bailey(アンドリュー・ベイリー)氏が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行について検討をしているという発言をしたことが、7月13日にブルームバーグが報じた。このベイリー総裁の発言は13日に行われた学生とのウェビナーイベントにて述べられたものだ。

Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表

Binance(バイナンス)がヨーロッパ地域とイギリスでのBinance Cardの正式展開を発表。この発表によって、BinanceユーザーはBTC(ビットコイン)、BNB(バイナンストークン)、SXP(スワイプトークン)、BUSD(バイナンスUSD)を世界200の地域、6,000万以上の加盟店で法定通貨に変換して使用できるようになるとのこと。

MUFGが独自デジタル通貨を20年下期に発行か、シンガポール通貨庁がJP MorganのBC活用のマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJが独自デジタル通貨「coin」を2020年下期に発行か、シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表、コインチェックがBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始へ、(担当者取材コメントあり)メタップスアルファが世界初となるクレジットカードを用いた⽇本円によるデジタルアイテム(NFT)の決済機能をリリース、米国SECとCFTCがトークン化株式投資プラットフォームAbraを摘発

シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表

シンガポール通貨庁(MAS)がマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテストを成功させたことを発表した。このプロトタイプは中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に焦点を当てて始まった一連の実証実験「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の第5段階だ。このプロジェクトは、シンガポール通貨庁、JPMorgan、Accentureで行われた。