ブラウザ「Opera」、暗号資産対応「Opera Crypto Browser」iOS版ローンチ

Web3ブラウザ「Opera Crypto Browser」をiOS版でローンチ

Webブラウザのオペラ(Opera)が、ブロックチェーン専用のブラウジング体験を目的に提供する「Opera Crypto Browser(オペラクリプトブラウザ)」の、iOS版アプリを公開したことが4月18日分かった。

オペラは今年1月、web3ネイティブなブラウザとして「Opera Crypto Browser」のパブリックベータ版をローンチしており、これまでWindows、Mac、Androidで利用可能だった。なおiOS版の「Opera Crypto Browser」は現在、日本居住者もダウンロードが可能で使用できる。

発表によると「Opera Crypto Browser」では、ユーザーは拡張機能を使用せずに、暗号資産の購入やトークンの送受信、スワップできるとのことだ。また現在は、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、セロ(Celo)などのブロックチェーンに対応しているとのこと。そして分散型取引所(DEX)やNFT、ゲーム関連の分散型アプリケーション(Dapps)サービスへシームレスにアクセスできるという。

また「Opera Crypto Browser」は、クリプト関連の最新ニュースや、オープンシー(OpenSea)で販売されているNFT、暗号資産(仮想通貨)の価格及びガス代などを掲載した「Crypto Corner」という機能があるのも特徴となっている。

関連ニュース

ブラウザ「オペラ(Opera)」がビットコイン、ソラナ、ポリゴン、セロなど8チェーンに対応

オペラ(Opera)モバイルブラウザがイーサリアムL2に統合、DEXに接続へ

Web3ブラウザ「オペラ」、ポリゴンと統合へ

Operaが米国でApple Payで直接ビットコインやイーサリアムを購入できる機能を追加

参考:オペラ
デザイン:一本寿和
images:iStock/artacet・eskymaks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も