Uniswapがweb3ファンド立ち上げ、Maker DAOやAaveなどへ投資

Uniswapがweb3ファンド立ち上げ、Maker DAOやAaveなどへ投資

DeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)の運営母体であるユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、web3ファンド「ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)を立ち上げたことが4月11日に分かった。

このファンドではインフラから開発者ツール、消費者向けアプリケーションまで、web3スタックのさまざまな段階とレベルのチームに投資していくという。 またロングタームでのサービス開発、コミュニティとのオープンなコラボレーション、ユーザーファーストなど、ユニスワップラボの価値観に近いプロジェクトへの投資にも注力していくようだ。

そしてこのファンドは、MakerDAO、Aave、Compound Protocol、PartyDAO、LayerZero、Ethereum開発者プラットフォームのTenderlyなど11のスタートアップとプロジェクトに投資していることをリリースで明かした。

またこのファンドはプロトコルガバナンスの重要性を強く認識し、ファンドのチームメンバーは、投資先のオンチェーンおよびオフチェーンのガバナンスに積極的に参加して、コミュニティを活性化していくとのこと。実際にMakerDAO、Aave、Compound、Ethereum Name Service(ENS)のガバナンスに参加する予定だという。

なお同ファンドは、Teo Leibowitz(テオ・レイボウィッツ)氏と、ユニスワップラボのCPOであるMCLader氏がトップを務める。

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored