Uniswapがweb3ファンド立ち上げ、Maker DAOやAaveなどへ投資

Uniswapがweb3ファンド立ち上げ、Maker DAOやAaveなどへ投資

DeFi(分散型金融)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)の運営母体であるユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、web3ファンド「ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)を立ち上げたことが4月11日に分かった。

このファンドではインフラから開発者ツール、消費者向けアプリケーションまで、web3スタックのさまざまな段階とレベルのチームに投資していくという。 またロングタームでのサービス開発、コミュニティとのオープンなコラボレーション、ユーザーファーストなど、ユニスワップラボの価値観に近いプロジェクトへの投資にも注力していくようだ。

そしてこのファンドは、MakerDAO、Aave、Compound Protocol、PartyDAO、LayerZero、Ethereum開発者プラットフォームのTenderlyなど11のスタートアップとプロジェクトに投資していることをリリースで明かした。

またこのファンドはプロトコルガバナンスの重要性を強く認識し、ファンドのチームメンバーは、投資先のオンチェーンおよびオフチェーンのガバナンスに積極的に参加して、コミュニティを活性化していくとのこと。実際にMakerDAO、Aave、Compound、Ethereum Name Service(ENS)のガバナンスに参加する予定だという。

なお同ファンドは、Teo Leibowitz(テオ・レイボウィッツ)氏と、ユニスワップラボのCPOであるMCLader氏がトップを務める。

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored