あたらしい経済がはじまります、一緒にサバイバルしましょう(編集長メッセージ)

仮想通貨と聞いて何を思い浮かべるだろうか? なんだかハッキングされて流出しやすい危ないもの、ハイリスクハイリターン投資、未整備の不安定な通貨のようなもの、などと思い浮かべる人も多いのではないか。

まだ記憶に新しい、コインチェックのハッキング事件。この事件の大手メディアの当時の報道をみて、なんとなく危険なものというメッセージが込められているように感じたのは私だけだろうか。私が見た限りでは、的確にあの事件を分析し、論じている大手メディアはほとんどなかった。

コインチェックのハッキング事件の問題点は端的にいうと、その取引所としてのコインチェック社の管理方法や仕組みの不備だった。

だから決して流失したNEMのブロックチェーンの問題でもなく、もちろんビットコインなど他の仮想通貨の問題でもない。ただこの事件で仮想通貨投資家たちに一定の不安要素が広がるので、投資家の皆さんは仮想通貨市場の値動きに注意が必要、そういったというところまでメディアとしてメッセージを出して欲しかった。

本来はコインチェック事件などよりも、今年5月のモナコインやビットコインゴールドの51%アタックの方が、連日の報道すべき、そしてメディアが追求すべき、仮想通貨やブロックチェーンにおける重大な課題だったりする。

また一方、ネット上では正確な情報もあるが、その分不正確な情報やノイズが多い。さらにどうしてもこの事件の影響で仮想通貨の価格が上がる、下がるといった、投機的な意味合いの情報が拡散され目立ってしまう。

感度高く、一定の知識を持ってそれらの情報をキャッチしないと、それらの本質を見抜くのはなかなか困難だ。

仮想通貨、そして特にそれを動かす仕組みの1つであるブロックチェーンは、大げさではなく人類にとって極めて重要な発明なのに、そのネガティブなイメージで距離を取るのは本当に不利益な行為だと思っている。

まだまだ仮想通貨を取り巻く環境には不安定な要素も多い。仮想通貨を名乗った詐欺行為や取引所のハッキング事件などが多発しているためネガティブなイメージを持つのも仕方ない。もちろんそういった類の情報も注意喚起としては必要だが、本来もっと時間を割いて論じるべきは、仮想通貨やブロックチェーンのスケーラビリティーや、開発等のコストとリソース、各国政府の対応や法律などの課題ではないだろうか。

ブロックチェーンは、分散型台帳技術などと呼ばれているネットワークシステムだ。簡単に説明するとそのネットワークに参加している人々が繋がって、全員でそのブログラム上のやりとりを監視、管理する仕組みだ。全員でやりとりを見て、全員で合意しあい、さらにそのすべてのやりとりの履歴をみんなが確認できる仕組みである。つまり事実上、非常に改ざんが困難な強固な仕組みであり、さらに中央サーバーでデータを管理していないため、システムダウンも起きない。

注目すべきは、非中央集権型ではない自律分散型の仕組みという点だ。なんだか分散型台帳技術と訳されているので、どうせ金融などにしか使えない仕組みなじゃないかとイメージしている人もいるかもしれない。しかし、そうではない。

前述の通り重要なのは改ざんが困難で安定した仕組みという点だ。つまり「改ざんされては困るもの、安全や安定がもとめられるもの」、本当にシンプルに言いかえると、私たちが「大切なもの」がすべてソリューションの対象になる。

あなたの「大切なもの」は、お金やその取引だけではないはずだ。本来ビジネスパーソンが意識すべきは、ブロックチェーンがもたらすソリューションの可能性である。

そう考えるとブロックチェーンの技術は様々な応用をされながら、今存在するすべてのビジネスの分野に取り入れられていくといっても過言ではない。本来のブロックチェーンの非中央集権型の仕組みに、中央集権型の要素を取り入れたハイブリッドな応用も可能であり、そうなるとさらにそのカバー範囲は大きい。

またそのブロックチェーンの仕組みを使ってトークン(仮想通貨)を発行することで、さらにビジネスの可能性が広がる。どの会社も、そして個人もが国家のように、ビジネスや生活において、最適な経済圏を創ることができるようになるのだ。いわゆるこのトークンエコノミーがどのようにビジネスや生活に関わっていくか、という観点でみるとそのカバー範囲は非常に広い。

ブロックチェーンは確実に、そして私たちが予想しているよりも早く、ビジネスや生活に入りこんで、大きな変革をもたらすはずである。ブロックチェーンの登場が第四次産業革命だと言われているのは納得できる。

インターネットが登場して、あなたの生活や仕事は大きく変わったはずだ。そしてブロックチェーンはある意味、インターネット以上に、あなたの状況を変えることになる。具体的にはあなたの仕事や生活において、多くの既存の価値の転換が起きるはずだ。

このパラダイムシフトの本質を捉えることが、まだ生きる私たちにとって、最も大切なことだ。これは全てのプレイヤーにとって大きなチャンスでもあり、ピンチでもある。あなたを現在の評価しているその基準が変わり、あなたが出した成果が、成果でなくなるかもしれない。逆にいままでビジネスにおいて注目されていなかった行為が、評価や成果につながるかもしれない。

本質を捉えるには正確な情報が必要だ。またそこから学んでいくことが重要になる。ただ現状のメディアをみても、それに特化して有益な情報が得られる「場」が少ないと私は感じていた。

そこで私は「あたらしい経済」というプロジェクトを開始することにした。このプロジェクトは、あなたに「あたらしい経済」時代をサバイバルするための「武器」を提供するプロジェクトだ。

「あたらしい経済」プロジェクトは、ウェブメディアからスタートし、正確で安心できる情報、そして読者がビジネスに活かせるヒントや学びを提供していく。決して一方的なメディアではなく、メディアを起点にコミュニティの形成を目指している。近い将来このメディアで独自トークンを発行し、そのコミュニティメンバーと、トークンエコノミーを実践していきたいと思っている。

ブロックチェーンやトークンエコノミーは、私がいま働いている出版業界・メディア業界の価値観やルールにも大きな変革をもたらすことは間違いない。この「あたらしい経済」メディアは、まさにその媒体自身で、現在の多くのメディアの課題を解決し、あたらしいメディアの在り方を、コミュニティメンバーと模索していくことを大きな目標としている。

ぜひこのコミュニティに参加して、「あたらしい経済」時代を生き抜く「武器」を手にとってほしい。一緒にサバイバルしましょう。

「あたらしい経済」編集長 設楽悠介

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局部長
暗号資産/ブロックチェーンに特化した幻冬舎のWEBメディア「あたらしい経済(NEW ECONOMY)」を運営。その他の主な担当プロジェクトは「13歳のハローワーク公式サイト」「ピクシブ文芸」「NewsPicksアカデミア」など。また幻冬舎グループの漫画出版社である「幻冬舎コミックス」、クラウドファンディング出版を実施するCAMPFIREとの合弁会社「エクソダス」などの取締役を兼務。また個人活動としてNewsPicks野村高文とのビジネスユニット「風呂敷 畳み人」を組み、Voicyでビジネスを着実に実行するスキルを提供する「風呂敷 畳み人 ラジオ」をはじめとした、数々のビジネスコンテンツを発信中。「風呂敷畳み人サロン」「サウナサロン」などのオンラインサロンを主宰。

著者に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【取材】経理のDXを加速する「LayerX INVOICE」が提供する価値(LayerX 牧迫寛之氏インタビュー)

株式会社LayerXは今週、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE(レイヤーエックス・インボイス)」と弥生株式会社「弥生会計」、ピー・シー・エー株式会社の「PCA会計」、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行シリーズ」との連携を相次いで発表した。

【緊急取材】日本から「世界に繋がる」パブリック・ブロックチェーンを。バイナンスをリード投資家に約2.5億円の資金調達したステイクテクノロジーズ渡辺創太氏インタビュー

日本発のパブリックブロックチェーンであるプラズムネットワーク(Plasm Network)の開発企業ステイクテクノロジーズ(Stake Technoloiges Pte Ltd)がバイナンス(Binance)をリード投資家に約2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。 今回の調達にはバイナンスラボ(Binance Labs)をはじめ、ハッシュキー(HashKey)、パカベンチャーズ(PAKA Ventures)、ロングハッシュベンチャーズ(LongHash Ventures)、デジタル・ファイナンス・グループ(Digital Finance Group)ら世界各国の企業が名を連ねる

【徹底解説】IPOを控える米大手仮想通貨取引所「コインベース」が世界に与えるインパクト

2012年創業したコインベースが本格的に上場に向けて動いていることは、アメリカ含め世界各国で大きな話題となっている。2018年の10月にコインベースの企業価値は約8,340億円(80億ドル)と試算されているが、現在はビットコインの価格上昇、ブロックチェーン技術の進展、ユーザー数の増加を含めて、企業価値は1兆円を超えている可能性も考えられる。

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界を牽引する35人の「2021年の展望」

今回は年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を牽引する皆様に「2021年の展望」を寄稿いただきました。これからも「あたらしい経済」は日本のブロックチェーン・暗号資産業界を、業界内の皆様と一緒に盛り上げていけるようにメディア運営をしていきたいと思っております

【独占】流動性も分散化して暗号資産市場のインターバンクを目指す。暗号屋・紫竹佑騎が新サービス「Choja」を語る

サイバーエージェントのエンジニアから暗号資産(仮想通貨)取引所の立ち上げと運営を経て、現在も数々のブロックチェーンプロジェクトに関わっている紫竹佑騎氏。そんな紫竹氏が自身の会社である暗号屋から新サービス「Choja」を〇月〇日にローンチした(※あたらしい経済内部のニュース記事にリンク)。その分散型流動性供給システム/分散型マーケットメイクツール「Choja」とは何か? そしてこのサービスを通じてどんな世界を目指すのかについて語っていただいた。