豪大手銀行ANZ、ステーブルコイン「A$DC」取引実施

豪大手銀行ANZ、ステーブルコイン「A$DC」取引実施

オーストラリアの4大銀行であるオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が、約27億円(3000万豪ドル)のステーブルコイン取引を実施したことが3月24日に分かった。

発行したステーブルコインの名称は「A$DC」。 ANZがイーサリアムのスマートコントラクトを作成し、ブロックチェーンインフラ開発企業の米ファイヤーブロックス(Fireblocks)の技術を活用し、パブリックブロックチェーンを介してデプロイしたとのことだ。

スマートコントラクトの安全性などを担保するための監査は、オープンゼッペリン(OpenZeppelin)が務めた。また取引モニタリングにはチェイナリシス(Chaynalisys)のツールを活用したとのことだ。

「A$DC」発行の経緯には、現在主流の米ドルステーブルコインである「USDC」の取引プロセスが複雑化していることにあるよう。ANZはその状況を踏まえ、「A$DC」を活用して、取引プロセスをよりシンプルなものにしたとしている。 具体的には銀行口座と法定通貨の取引プロセスをすべて回避し、ANZをエンドツーエンド(E2E)で取引できるようにしたという。

ちなみに取引時間は約5分とのこと。そして「A$DC」を活用したことで「USDC」の取引コストと為替リスクを負う必要がなくなったという。

今回の「A$DC」を活用した取引は、投資ファンドであるビクタースモーゴングループ(Victor Smorgon Group)の暗号資産(仮想通貨)取引所「ゼロキャップ(Zerocap)」への支払いで行われた。

なおANZは顧客が中央銀行デジタル通貨(CBDC)への関心が高まっていることにも言及。現在CBDCは決済分野、特にリテールレベルでの応用に焦点が当てられおり、機関投資家向けのステーブルコイン「A$DC」は、競合にならないとリリースで説明している。

今後ANZはさまざまなデジタル資産が取引できるようにサービスを発展させていく予定のようだ。

参考:ANZ
images:iStocks/NilsBV・shironosov
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した