コインベース、21年第4Qの取引高急増。今期は成長鈍化の可能性も

コインベースの取引高が個人投資家の参入を受け急増

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、昨年2021年の第4四半期(2021年10月~12月末)の決算を2月24日に発表した。同社によると、価格の変動を理由とする個人投資家の参入によって第4四半期の取引量は急増したものの、今期は成長が鈍化する可能性があるとのこと。

2021年第4四半期の取引量は前期と比較して67%以上増加して5,470億ドル(約63兆円)となり、そのうち1,770億ドル(約20兆円)が個人投資家、3,710億ドル(約43兆円)が機関投資家による取引となっている。

また取引銘柄の内訳についてはビットコインとイーサリアムが全体の32%、その他の暗号資産が68%を占めており、その他の暗号資産の割合は徐々に増加している。

同社は声明にて「個人投資家による取引量の連続的な増加は、主に高いボラティリティと、より多様な暗号資産に対する消費者の強い関心によってもたらされました」と述べている。

世界中の企業が暗号資産のインフラを強化するために多額の投資を行っているため、コインベースをはじめとする暗号資産取引所は暗号資産が新たな資産として確立される過程で上手く恩恵を受けている。

しかし、世界最大の暗号資産であるビットコインの価格は、世界の中央銀行がパンデミックに対する刺激策の終了を示唆したため、ここ数カ月で下降している。

またビットコインは地政学的な影響も受けており、ロシアによるウクライナ侵攻が世界に衝撃を与えたことでビットコインの価格は24日に直近1か月の最安値を記録している。

コインベースはこのような状況から、2021年第4四半期と比較して、今期は個人投資家の月間取引ユーザー数と総取引量がともに減少すると予測していると発表した。

コインベースは世界最大級の暗号資産取引所であり、2021年4月に米ナスダックに直接上場して株式公開している。

関連ニュース

ロシアのウクライナ侵攻でビットコインなど暗号資産急落、今後数日も要注意

米コインベース、ブロックチェーンゲームのMy Neighbor Alice(ALICE)上場へ

コインベース、日本参入の背景は?( Coinbase株式会社 北澤直氏)

コインベースがFairX買収、米国でデリバティブ取引提供に向け

コインベースがナスダックへ直接上場、一時時価総額は約12兆2,000万円に

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。

Crypto exchange Coinbase’s trading volumes surge on retail interest
Reporting by Noor Zainab Hussain in Bengaluru; Editing by Aditya Soni

翻訳:小俣淳平(あたらしい経済)

参考:Coinbase
デザイン:一本寿和
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored