MUFG、ブロックチェーン活用の決済事業「GO-NET」停止へ

MUFGと米アカマイの「GO-NET」事業停止へ

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるブロックチェーン活用のペイメント事業「GO-NET Japan」が、事業停止することが分かった。

「GO-NET Japan」は昨年4月よりサービス開始していた独自ブロックチェーン活用のペイメントネットワークだ。事業運営はGlobal Open Network Japanにより行われていた。またMUFGと米アカマイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies, Inc.)が2019年に共同設立したGlobal Open Networkが、Global Open Network Japanの経営会社として機能していた。

MUFGは2月22日、「GO-NET Japan」の事業停止と、Global Open Network JapanおよびGlobal Open Networkの清算手続きを進めることを発表した。

発表によると、今回のペイメント事業停止の理由として「昨今のコロナ影響による決済件数の伸び悩み等の厳しい経営環境の下、当初見込んでいた規模での事業展開が困難となりました」と説明されている。

また今後拡大を予定していたIoT事業については「GO-NET Japan の高速大容量のブロックチェーンを必要とする市場を捉えきれず、事業化には想定より時間を要する見通しとなりました」と説明がされている。

「GO-NET Japan」は第1弾サービスとして昨年4月より「GO-NET FM/センター接続サービス」の提供を開始。同年8月には「GO-NET FM/端末接続サービス」の本格展開を発表していた。

MUFGは今後について「主要戦略であるDXを力強く推進する方針は不変」とし、アカマイ・テクノロジーズと他分野での協力関係構築に向けた協議を進めているとのことだ。

なお一方、MUFGの三菱UFJ信託銀行ではエンタープライズ向けブロックチェーン基盤「Corda(コルダ)」を採用したプラットフォーム「Progmat(プログマ)」を軸にした事業展開を進めている。

すでに提供開始しているセキュリティトークンプラットフォームの「Progmat ST」や今月2月9日に開発を発表した日本円連動型のステーブルコインを発行するプラットフォーム「Progmat Coin」、また特定のアセットやサービスに関する利用権や会員権といった権利をユーティリティトークンとして発行可能なプラットフォーム「Progmat UT」が2月21日に発表されている。

関連ニュース

MUFGとAkamaiの「GO-NET」、キャッシュレス少額決済導入促進サービス提供へ

クレカ決済与信確認をブロックチェーンで、MUFGとAkamaiの「GO-NET」正式稼働

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイの子会社GO-NET Japanが開発する決済サービスが2021年に利用開始か

三菱UFJ信託、ケネディクス、大和証券、SMBC日興証券が不動産をセキュリティトークン化

三菱UFJ信託銀、優待等を対象としたNFT発行プラットフォーム「Progmat UT」とウォレットの開発を発表

参考:MUFG
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した