アビスパ福岡、FiNANCiEで第2回クラブトークン発行開始

アビスパ福岡、FiNANCiEで第2回クラブトークン発行開始

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、国内プロサッカーJ1リーグ所属のチームであるアビスパ福岡の第2回クラブトークンの発行と販売の開始が2月1日発表された。「FiNANCiE」でアビスパ福岡のクラブトークンを発行したのは昨年8月以来となる。

発表によると昨年8月の初回トークン販売では、約900万円以上のファンディングを達成したとのことだ。

また昨年9月25日に行われたサガン鳥栖戦では「Navy Flamesスペシャルマッチ」を実施。このスペシャルマッチに関わるタイトル名や記念Tシャツのデザインを、トークンホルダーと共に投票企画で決めるなど新しい取り組みを実施したとのことだ。

今回のトークン販売は、第2回スペシャルマッチ実施に向けたものになっており、5月7日に行われる第12節アビスパ福岡VS湘南ベルマーレの試合が対象試合となっている。

「Navy Flamesスペシャルマッチ」は昨年9月に行われたサガン鳥栖戦のタイトル名称だが、5月に行われる湘南ベルマーレ戦のタイトル名称や記念グッズのデザイン案なども、FiNANCiE内の投票機能やコミュニティ内にて、トークンホルダーと共に取り組んでいくとのことだ。

またFiNANCiEでは初期トークン販売終了後、オーナーやプロジェクトが追加で支援を募りたい時にトークンを販売できる仕組み(クラウドファンディング)として、追加トークン販売の実施がある。

今回提供する追加トークン販売のメニューには、前回好評だった体験特典やグッズ特典のほか、ワンデーマッチを盛り上げる新たな販売メニューも用意されているとのこと。

発表によると販売メニューには、「ワンデーマッチに関わる販売メニュー」や「オリジナルNFTに関する販売メニュー」がある。「オリジナルNFTに関する販売メニュー」では、アビスパ福岡のオリジナルNFTが提供されるとのことだ。

アビスパ福岡の第2回ファンディング実施期間は2月3日20:00~2月28日20:00の予定となっている。

あたらしい経済編集部は今回の取り組みに関して「アビスパ福岡」より以下のコメントを得た。

『アビスパ福岡は昨年の8月より「みんなで創るアビスパと地域の未来」をメインコンセプトにフィナンシェをスタートさせ、9/25の鳥栖戦にて 『NavyFlamesスペシャルマッチ』をトークンホルダーの皆様と創り上げました。J1定着、そして更に上を目指すためにも新しいチャレンジをしていく中で、Jリーグ初のNFTを発行し、今後もWeb3の時代にスポーツの価値を掛け合わせた新たなチャレンジも、フィナンシェ様トークンホルダーの皆様と共に進めていきたいと思います!』

関連ニュース

アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行

アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored