アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行

アビスパ福岡、FiNANCiEで記念NFT発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、J1リーグ所属のサッカークラブ、アビスパ福岡の記念NFTの発行とプレゼント抽選企画を開催することが10月17日発表された。なおアビスパ福岡は現在FiNANCiEにてクラブトークンを発行しているサッカークラブでもある。

今回のNFTの抽選応募企画は、アビスパ福岡が翌2022シーズンにもJ1残留が決定したことを記念する「ジンクス打破記念」の特別企画として実施されるとのこと。

アビスパ福岡は2001年、06、11、16年と、いずれも1年のみJ1に所属し4年はJ2へ逆戻りするのを繰り返していた。今回の企画は、この5年周期のジンクスを今シーズン打破したことを記念し行われるようだ。

企画の実施方法として「FiNANCiE」内のリワード機能を用いて、記念のコレクションカード抽選をし、当選者を決定するとのこと。その当選者を対象に再度抽選を行いNFTをプレゼントする流れになるようだ。コレクションカードは400枚、NFTは20個用意されている。

なお応募対象者は、抽選期間中に「アビスパ福岡トークン」を2,000トークン以上継続保有しているFiNANCiEユーザーとなる。

「ジンクス打破記念(J1残留記念)」NFTプレゼント企画の応募期間は10月17日~10月22日23:59の予定となっている。またコレクションカード当選発表は10月23日、NFT当選発表は10月25日を予定しているとのことだ。

関連ニュース

アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した