アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行

アビスパ福岡、FiNANCiEで記念NFT発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、J1リーグ所属のサッカークラブ、アビスパ福岡の記念NFTの発行とプレゼント抽選企画を開催することが10月17日発表された。なおアビスパ福岡は現在FiNANCiEにてクラブトークンを発行しているサッカークラブでもある。

今回のNFTの抽選応募企画は、アビスパ福岡が翌2022シーズンにもJ1残留が決定したことを記念する「ジンクス打破記念」の特別企画として実施されるとのこと。

アビスパ福岡は2001年、06、11、16年と、いずれも1年のみJ1に所属し4年はJ2へ逆戻りするのを繰り返していた。今回の企画は、この5年周期のジンクスを今シーズン打破したことを記念し行われるようだ。

企画の実施方法として「FiNANCiE」内のリワード機能を用いて、記念のコレクションカード抽選をし、当選者を決定するとのこと。その当選者を対象に再度抽選を行いNFTをプレゼントする流れになるようだ。コレクションカードは400枚、NFTは20個用意されている。

なお応募対象者は、抽選期間中に「アビスパ福岡トークン」を2,000トークン以上継続保有しているFiNANCiEユーザーとなる。

「ジンクス打破記念(J1残留記念)」NFTプレゼント企画の応募期間は10月17日~10月22日23:59の予定となっている。またコレクションカード当選発表は10月23日、NFT当選発表は10月25日を予定しているとのことだ。

関連ニュース

アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み