バイナンス、Convex Finance(CVX)とConstitutionDAO(PEOPLE)上場へ

バイナンスにCVXとPEOPLE上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)で、暗号資産コンベックスファイナンス:Convex Finance(CVX)とコンスティテューションダオ:ConstitutionDAO(PEOPLE:ピープル)の2銘柄が上場したことが12月23日分かった。

バイナンスが新規上場を発表するのは、12月17日のハイストリート:Highstreet(HIGH:ハイ)以来で、現在7週連続で新規通貨の取り扱いを発表している。

CVXとPEOPLEは12月23日6:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、取引ペアについてはCVX/BTC、CVX/BUSD、CVX/USDT、そしてPEOPLE/BTC、PEOPLE/BUSD、PEOPLE/USDTとなっている。

なおCVXとPEOPLEの入金は既に可能となっており、引き出しについては12月24日6:00(UTC:世界協定時)より開始される予定だ。

コンベックスファイナンスは、Curve Finance上に構築されたイールド自動化プロトコル。そしてステーキングと流動性プロバイダーの報酬を高めるために作られたプラットフォーム。CVXは、コンベックスファイナンス上のステーキングや成功報酬の請求、ガバナンス投票のためのネイティブトークンとなっている。

なおCVXは、ゲート(Gate.io)やオーケーイーエックス(OKEx)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約1,867億円となっている(12/23 コインマーケットキャップ調べ)。

コンスティテューションDAOは、現存するアメリカ合衆国憲法の初版本を購入するために参加者が協力するためのDAO(自律分散型組織)。初版本の購入は失敗したものの、コンスティテューションDAOのネイティブトークンであるPEOPLEは、現在Web3.0を代表するDAOトークンとなっているとのこと。

なおPEOPLEは、ゲート(Gate.io)やクーコイン(KuCoin)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約927億円となっている(12/23 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、メタバースのHighstreet(HIGH)上場

バイナンスにFlux(FLUX)上場

バイナンスにBiconomy(BICO)上場

バイナンス、クロスチェーンスワップの「Anyswap(ANY)」上場

バイナンス、自律分散型組織の「Merit Circle(MC)」上場へ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored