バイナンス、Convex Finance(CVX)とConstitutionDAO(PEOPLE)上場へ

バイナンスにCVXとPEOPLE上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)で、暗号資産コンベックスファイナンス:Convex Finance(CVX)とコンスティテューションダオ:ConstitutionDAO(PEOPLE:ピープル)の2銘柄が上場したことが12月23日分かった。

バイナンスが新規上場を発表するのは、12月17日のハイストリート:Highstreet(HIGH:ハイ)以来で、現在7週連続で新規通貨の取り扱いを発表している。

CVXとPEOPLEは12月23日6:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、取引ペアについてはCVX/BTC、CVX/BUSD、CVX/USDT、そしてPEOPLE/BTC、PEOPLE/BUSD、PEOPLE/USDTとなっている。

なおCVXとPEOPLEの入金は既に可能となっており、引き出しについては12月24日6:00(UTC:世界協定時)より開始される予定だ。

コンベックスファイナンスは、Curve Finance上に構築されたイールド自動化プロトコル。そしてステーキングと流動性プロバイダーの報酬を高めるために作られたプラットフォーム。CVXは、コンベックスファイナンス上のステーキングや成功報酬の請求、ガバナンス投票のためのネイティブトークンとなっている。

なおCVXは、ゲート(Gate.io)やオーケーイーエックス(OKEx)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約1,867億円となっている(12/23 コインマーケットキャップ調べ)。

コンスティテューションDAOは、現存するアメリカ合衆国憲法の初版本を購入するために参加者が協力するためのDAO(自律分散型組織)。初版本の購入は失敗したものの、コンスティテューションDAOのネイティブトークンであるPEOPLEは、現在Web3.0を代表するDAOトークンとなっているとのこと。

なおPEOPLEは、ゲート(Gate.io)やクーコイン(KuCoin)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約927億円となっている(12/23 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、メタバースのHighstreet(HIGH)上場

バイナンスにFlux(FLUX)上場

バイナンスにBiconomy(BICO)上場

バイナンス、クロスチェーンスワップの「Anyswap(ANY)」上場

バイナンス、自律分散型組織の「Merit Circle(MC)」上場へ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。