NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

「NFT WEEKS TOKYO」でオープニングイベント開催

12月10日から開催される「NFT WEEKS TOKYO」で、オープニングイベントとしてNFTの幅広い活用事例を学べるオンラインイベントが同日15時より開催される。

イベントの主催は暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンメディア「CoinPost」と国際映像製作スタジオ「NOMA」のプロジェクト「THE RHETORIC STAR」。イベント協力メディアとして「あたらしい経済」と「CoinPost」が共同運営するYoutubeチャネル「#CONNECTV」も参加する。

現在アートで注目されているNFTだが、このイベントではメタバースやコミュニティ、ゲーム、広告、マーケットプレイスなどで活用される事例を紹介する予定だ。なお当日の司会進行は「CoinPost」の代表である各務貴仁と「あたらしい経済」編集長の設楽悠介が務める。

このイベントではゲストを招いた6つのセッションが開催される。15時5分からは「メタバース x NFT」と題して、Metaani(メターニ)が事例紹介を行う。15時35分からは「コミュニティ x NFT」としてTokyo Otaku Modeの共同創業者兼COO安宅基(あたかはじめ)氏が登壇。16時5分からは「ゲーム x NFT」の事例をdouble jump.tokyoが行う。

さらに16時35分からは「広告 x NFT」としてBridgesが、17時5分からは「マーケットプレイス x NFT」でSBINFTが事例紹介を行い、17時35分からは「映画 x NFT」として 「THE RHETORIC STAR(ザ・レトリック・スター)」が制作予定の映画について、現時点の進捗状況を公開する。

このイベントのオンライン参加は無料で、予約も不要。後日イベント視聴用URLは「CoinPost」「あたらしい経済」「ConnecTV」Twitterアカウントで告知される予定だ。

なおこのイベントではメディア関係者限定20名を対象としたオフライン参加枠もある。オフラインでの現地参加には以下応募フォームから申し込みを受け付けている(申し込み締め切りは12/9 15時まで)。

応募フォーム: https://forms.gle/EeUZWqzy8xDB3MuX8

デザイン:一本寿和
images:iStocks/3DSculptor・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。